ガス給湯器が壊れました!

昨日夕方、国分寺物件の入居者の方から電話がかかってきました。
「お湯が出なくなったので、東京ガスを呼んで見てもらってるんですが、ガス給湯器が壊れたそうなんです・・・」

↓ポチッ! して読んでいただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

この物件のガス給湯器は竣工後10年ほどで、全部取り替えており、現在15年くらい経っています。
なのでドンドン壊れ始めるころで、確か3戸目です。

そしてこの物件のエアコンは厄介なことにガスエアコンで、ガス給湯器が壊れると、エアコンの暖房が効かなくなってしまうのです。
こういう場合は、保険で対応しますので、以前も頼んだ業者さんに来てもらって、取換工事をしてもらうことになります。
ガス給湯器を普通の16号にして、エアコンも普通の電気エアコンにします。

402ヒーター縮小

今日、その業者さんが来て、下見をしたのですが、すぐに取替はできないでしょうから、数日は暖房がありません。
なので、以前我が家で使っていたヒーターを届けました。
さらにお風呂に入れませんから、銭湯代を迷惑料をプラスして、渡しました。

エアコンが壊れるのは、たいてい真冬か真夏で、どうしてもエアコンが必要な時期で、困りものです。
なんとか業者さんに、1、2日のうちに工事を完了させてもらいたいものです。
そんなトラブルな日でしたが、実は今日は・・・

妻の誕生日

妻の誕生日でした。
ホテルでお祝いの食事をして、有楽町から東京駅まで歩いたのですが、いろいろなところのイルミネーション、クリスマスツリーがきれいでした。

丸の内仲通り
三菱プラザクリスマスツリー
ペニンシュラクマ
日本ポストクリスマスツリー

これからクリスマスまで、実に幸せな気分になれるシーズンです。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

レンジフードカバーがなくなっている!

今度保育所が入居する事務所仕様の部屋ですが、キッチンのレンジフードの

3階レンジフードカバー正面縮小

ファンのカバーがなくなっています。

↓ポチッ! して読んでいただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

3階レンジフードカバー縮小

ここは、前のテナントが夜逃げした部屋です。
約2年前に入居した際、クリーニングもしていますし、大して什器備品もないので、なかったら気づくはずで、カバーがなかったとは考えられません。

夜逃げした後の状況は、机や椅子、パソコンなどすべてが持ち出され、証拠を残さないためか掃除もちゃんとされていました。
推測ですが、汚れたファンのカバーを外し、掃除しようとしたものの面倒くさくなって、外して持って行って、捨ててしまったのではないかと思われます。

カバーがないと、手や頭がファンに触れた際、大けがをする恐れがありますので、絶対に取り付けなくてはなりません。
書かれているメーカーをネットで検索したのですが、現在すでにありません。あったとしても28年前の製品なので、部品はもうないと思われます。

保険の代理店に相談したのですが、「盗難届を警察に出して、その受理番号を保険会社に申請すれば、レンジフードを取替える保険金が下りるかもしれません。」とのことでした。
早速、その場所を管轄する警察署に電話して、「盗難届を出したいのですが、そちらに行けばよいでしょうか?」と聞いたところ、担当の方が出て、逐次質問をされ、「う~ん、それは窃盗届を出すべきものではないと思われます。」とのお返事です。

確かにいたテナントの名前はわかっているわけで、そこに請求すべきことで、カバーがなくなった時期、経緯はわからないわけで、盗難とは断定できないのかもしれません。

諦めず、ねちねちとやる手もあるのかもしれませんが、次のテナントの入居日も差し迫っているので、私が手作りでカバーを作ることにしました。
太い針金を買って枠を作り、細かい金属の網をその中に付け、ファンの周りにあるフックに結わえ付けようと思います。

事務所としての利用で、利用頻度はたいしたことがなかったようで、まだまだ元気なレンジフードですので、取替はもったいないです。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村






告知なき退去

事務所のテナントさんと連絡が取れなくなりました。
この物件は、電気使用量を各テナントさんから教えていただくなり、私が検針に行き、毎月の電気代を私が計算し、各テナントさんに請求しています。

そのテナントさんは毎月月中に事務所内の電気メーターを写メールしてくれていたのですが、8月中旬から連絡しても返事がなく、電気メーターの写メールも来ません。とりあえず8月分は、7月と同じ使用量で計算して、電気代を請求しました。

そして8月末の9月分の家賃の入金がありません。
仲介業者さんを通して、家賃保証会社に入っていますので、仲介業者さんに滞納の連絡をしました。
その間、担当者や代表者に連絡を取ろうとしたのですが、電話はつながらず、メールしても返信がありません。

そして9月中旬になり、また電気メーターの検針時期ですので、2ヵ月連続検針できないのは問題ですので、電話の伝言、メール、手紙で、9月15日に私が事務所に行き、留守のようなら、合鍵を使って、中に入り、電気の検針をすると通知しました。

そして、当日、事務所は留守のようで、鍵がかかっています。私がオソるオソる合鍵でドアを開けると・・・
もぬけの殻です。机も椅子もパソコンなどの什器、設備も何もありません。
郵便ポストを調べてみると何と! 預けていた鍵がすべて入っていました。

その後のことは詳しくは書けませんが・・・
家賃保証会社が、代表者を探し出し、弁護士さん経由で解約合意書に署名、捺印をもらうことが出来、新たなテナントの募集も開始しました。

言って見れば“夜逃げ”で、大家にとっては大トラブルだったのですが、最小限の被害で問題を解決することが出しました。
今日は現地で、新しいフロアカーペットの納品を待ち、貼替の作業を行ってきました。

フロアカーペットビフォー

写真ではよくわかりませんが、床のフロアカーペットはかなり汚れていて、くたびれています。

フロアカーペット作用中2

剥がすと、下はフロアータイルで、もともとはこういう感じだったんですね。

フロアカーペット乗りつけ

接着剤をローラーで付けたのですが、小さかったので、苦労しました。腰を少しやられました。

フロアカーペットアフター

アクセントをつけてこんな感じに完成させました。
早く次のテナントさん決めたいです。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村






深夜の騒音、叫び声

早朝、私のスマホに若い女性の入居者の方からショートメールが送られてきました。
その内容はというと・・・

わざとドタドタと歩き回り、物を投げつける音
「バカ!」「死ね!」「うるさい!」「黙れ!」と怒っている声
「あ"ー!」といった叫び声
大喧嘩しているような言い争いのような声

が、深夜早朝を問わず聞こえ、悩まされているというものでした。
電話だと隣に聞かれるかもしれないので、ショートメールしたとのことで、短い文章が何回にも分けて送られていました。
ビックリです! この物件では初めてのことです。

しかし、かなり前からのようで、やはり騒音・叫び声に悩まされた他の部屋の入居者が、警察を呼んだこともあったそうです。
さらに、騒音・叫び声は、若い女性の部屋の隣と上の2つの部屋からだそうです。

実は数か月前に、私が理事長をしている中野の物件で、私の区分の入居者から、「上の部屋の人が深夜に足をドンドンさせ、大きな咳や訳の分からない大声を出すので、寝れなくて困っている。」との連絡を受けていました。
管理会社に連絡して、注意の貼り紙、各部屋への手紙、上の部屋のオーナーに連絡してもらいました。
その後は、多少良くなったとのことですが、完全にはなくなっていないようです。

騒音、大声厳禁貼り紙

今回は私の法人の一棟物件ですので、注意の貼り紙を掲示板とエレベーターの乗り口に貼ってきました。
これでも改善がないようなら、次は騒音・叫び声を出している入居者へ直接の注意の手紙です。
さらには、直接会っての契約解除警告になると思います。

騒音・叫び声を上げているのは2人とも若い男性と思われますが、ストレスで精神を病んでいる人はかなりいますね。
しかし、共同住宅の生活で、他の人に迷惑をかけるのは許されない行為ですので、是非ともやめてもらわなくてはなりません。
これ以上もめる前に、本人の自覚でやめてもらいたいものです。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村






自主管理大家が海外旅行に行くと

10月30日から11月6日までの8日間、ニューヨークに旅行に行ってきました。
結婚してから、年1回の家族海外旅行がほぼ続いています。

ということは2001年に大家を始めてからも、年1回は1週間程度日本にいないということです。
区分を自主管理で運営しているときは、さほどの気持ちの負担はなかったのですが、2008年から一棟物件をやはり自主管理で運営し始めてからはかなりの負担を感じています。

私が海外にいる時に
・ガス給湯器、エアコンなどが故障してしまったら・・・
・給水ポンプが止まってしまったら・・・
・入居者の人がカギをなくしてしまったら・・・
・火事や事件が起こってしまったら・・・
悪いことを考えればきりがありません。

実際、4年前にはロンドンにいる際、給水ポンプが止まり、水が出ないことになってしまいました。
そのための対策としてやっていることは、入居者の方ほぼ全員と会い、私の携帯電話番号を教えていることです。

給水ポンプが止まった際も、入居者の方から携帯に電話が入りました。
その時の私は、もう心臓が止まるほどでしたが、水道屋さんに電話をして修理を依頼し、掃除のシルバーさんにも電話をしてポンプ室のカギを水道屋さんに渡すようお願いしました。
何とか半日で復旧し、大事にならずに収めるとこができました。
このように給水ポンプの故障はとても怖いので、それ以後給水ポンプがある3つの物件は全て直結給水に変えました。

今回の旅行中では、退去が決まっている事務所から退去立ち合いの日にちの変更と、一人の入居者からの退去連絡くらいで、トラブルはなくホッとしました。

ノートブックパソコンも海外旅行では必ず持っていくので、携帯電話とメールで対応できるようにしています。
自主管理大家でも海外旅行ができるのはITのおかげです。実にありがたいです。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村






プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却
2017年、コインランドリーを練馬区関町南に開業。八王子1棟物件を売却。西新宿の土地を外国人旅行者向けの宿泊所兼社宅の建設用地として購入。

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード