FC2ブログ

ビックリ!すぐに予約が入る

11月13日ののブログに書いた通り、12、13日丸々2日かけ、宿泊予約サイトの登録を行ったことにより、「Booking.com」と「エクスペディア」は11月16日に掲載が始まったのですが、何と!
「Booking.com」で、17日に2件、18日に2件、早くも4件の予約が入りました。

↓ポチッ! して読んでいただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

Bookingcom画面

建物が完成してなく、写真がないので、ミニホテルのメイン映像はこんなイラストです。

Bookingcom部屋

各部屋の紹介も写真がなく、間取り図だけです。
完成してから、プロの方に撮ってもらった写真に入替えて、ようやく予約が入るものだと思っていたのに、ビックリです。

旅館営業の許可がもらえ、営業を開始できるのは、おそらく1月中旬ですが、余裕をもって2月1日から予約が入るように設定しました。
予約が入ったのは3月、4月、11月です。3泊か4泊で、同じグループが同じ期間を2部屋押さえたのもあります。
予約は、フランス、メキシコ、台湾からです。

幸先良いと喜んだのですが、4件とも支払いは現地払いとなっています。
キャンセルポリシーは7日前までは無料で、それ以降は100%の料金がかかることにしています。
ただ、現地払いですから、請求しても相手が払わなかったら、回収できないでしょうね。

今まで、Airbnbとアゴダを使ったことがあるのですが、どちらもゲストは予約時にクレジットカード払いの手続きをし、チェックイン後にホストの口座に入金してもらえるものでした。
「Booking.com」は集客力は強いが、キャンセルが多いと聞いていたので、その通りなんだなと思っています。

清掃料を宿泊代に含めようと思っていたのですが、、「Booking.com」も「エクスペディア」も別料金を設定する項目があったので、宿泊代とは別に、一滞在ごとに清掃料を請求することにしました。
「Booking.com」では、ゲストが事前のクレジット払いを選んでも、清掃料はそれに含まれず、現地払いになるとのことです。

いずれにしても、現地でクレジットカード決済、現金での受取りの体制をきちんとしておかなくてないけません。
クレジットカード払いには、SQAREというカード決済端末をすでに購入しているのですが、それはスマホなりiPodにつなげなくてはいけません。今までは、私のスマホでやる予定でしたが、フロントに常に置いておくiPodを用意しなくてはいけないかなと思い始めています。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

平日でないとできない仕事

平日でないと全く仕事が出来ないと痛感することがありました。

↓ポチッ! して読んでいただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

11月7日のブログに書きましたが、宿泊予約サイトへの登録が大変です。
どのサイトも手こずっています。

「楽天トラベル」に登録しないことには、自社のホームページで宿泊予約システムを構築することが出来ませんし、各サイトを一元管理するねっぱんを無料で利用することが出来ません。

なので、楽天トラベルには、担当者と電話で頻繁に連絡を取って、紙の申込書を記入し、ネット上でミニホテルの各部屋の登録は出来たのですが、ホテルの外観等の写真がないとネット上にはアップできない規定とのことでした。

「じゃらんnet」も楽天トラベル同様、資料を郵便で取り寄せ、申込書を記入しようとしたのですが、5枚もありますし、どう書いたらわからないことが多く、電話で問い合わせして、ようやく完成させることが出来、返信できました。今後担当者から連絡が来て、掲載までには2、3週間かかるとのことでした。

このように、ネットでの登録でも、書面の登録でも、担当者に直接電話で話さないことには、なかなか宿泊予約サイトに、私のミニホテルを掲載することが出来ません。
宿泊予約サイトの会社も、土日祝は休みなので、必然的に平日に電話するしかないので、この作業は平日にしかできないのです。

私がITに強くないこともありますが、建物が完成前で、旅館営業の許可番号もまた得ていないことも、登録がスムーズにいかない理由です。

何とか、一つでも登録、掲載を完成させないことには、前に進めないと、気合を入れることにしました。
以前に登録して利用したこともある「Airbnb」と「アゴダ」なら、比較的に楽に掲載できるのではと、以前の作業を思い出しながら、自分で登録を進めたのですが、旅館の許可番号を入れないと先に進めません。
「Airbnb」は、サポートセンターに電話して、係の人と簡単に話が出来、やはり許可番号をもらってからでないと登録が出来ないことがわかりました。
「アゴダ」にはサポートセンターにも、以前の担当者にも電話をかけたのですが、電話が込み合っているとか、席を外しているとのアナウンスで通じません。

あとは「Booking.com」と「エクスペディア」に何とか登録、掲載しなければと頑張りました。
「Booking.com」はほぼ登録が出来、担当者とも電話で話が出来、
「ミニホテルが本当に建設中であることが確認できれば、掲載しますよ。」
とのことで、11月15日に私が建設現場に行き、iPhoneのビデオカメラで撮影すると、担当者も同時に見ることが出来るそうで、れを行うことで、掲載できることになりました。

そして、「エクスペディア」は登録が完全に行うことが出来、「ねっぱん」との連携も完了し、数日以内に掲載できることになりました。
一番最後に連絡を取った「エクスペディア」が一番初めに掲載できるのは、奇妙な話ですが、昨日と今日の月火で頻繁に担当者と電話で連絡をとれたからです。

とにかく、ネットでの宿泊予約サイトに掲載できなければ、ゲストを獲得することが出来ない訳ですから、平日に電話で頻繁に連絡を取り、登録を完成させることは実に重要な仕事でした。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村





宿泊予約サイトへの登録に手こずる

当初の予定では11月1日から自社のホームページで宿泊予約をスタートさせ、さらに各宿泊予約サイトに登録する予定でした。
ところがこれがかなり大変な作業で、遅れています。

↓ポチッ! して読んでいただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

10月11日と14日のブログに書きましたが、自社のホームページの宿泊予約システムと、6つ登録する宿泊予約サイトを一元管理するためには「楽天トラベル」に登録することが第一に必要でした。
その際外観にちゃんとした写真なりイラスト図が必要とのことで、登録は出来たものの、「楽天トラベル」へのネット掲載はまだできませんでした。
原則は建物が完成して、旅館営業許可をもらえた状況で、掲載ができると言うところです。

一元管理の「ねっぱん」への登録も、担当者へ電話の問合せをすることにより、ネットでの登録が出来ました。

「Airbnb」と「アゴダ」は以前に登録しているので、まずは日本の「じゃらんnet」への登録を始めたところ、郵便で必要書類を送るのとのことで、「楽天トラベル」同様、申込書に記入して、返送するというやり方のようです。
アナログな私にとってはありがたいです。

さあ、あとは外資の「Booking.com」と 「エクスペディア」ですが、登録に関して日本語の説明文が載っているのですが、申込書の記入はアルファベットだったり、半角カタカナが指定されているものの、ちゃんと記入してもエラー表示が出てしまったりと、申込みが出来ません。

メールでの問い合わせと、電話番号を探し当てて、担当者との直接話すことで、何とか登録できそうになってきましたが、すごく難しいです。

さらには、各サイトで、部屋のタイプの設定(アパートタイプホテルの分類の有無、キャンセル料が発生する期限・%の設定方法、掃除代などの別料金の設定等々・・・)が違うので、悩みながら記入をしています。

なので、11月1日の宿泊予約のスタートは出来ず、12月になりそうです。

さて、大家仲間の方で、私と同じようにミニホテルを建設している方がいて、建設の進捗具合も同じようなので、11月6日に見学させていただき、いろいろ情報交換も行いました。
すると、外国人旅行者向けのホームページの製作には政府からの補助金制度が複数ありますよと教えてもらい、早速調べてみました。

まずは経済産業省の「IT導入補助金」と言うのがあり、本当は11月に締め切られているのですが、応募が予定よりも少なかったようで、12月18日まで締め切りが延びているのですが、書類の作成がすごくめんどくさそうです。実施後の報告義務もあります。
かかった費用の1/2までで、15万円から50万円の補助金です。
私のホームページはもう進んでしまっているのですが、おそらくもっと前から知っていて、申込んでいれば、受けられたのではと思います。

もう一つは、観光庁の「訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業費補助金」で、内容の一部にインバウンド対応支援事業、ホームページ制作等書かれており、補助対象経費の3分の1以内が補助されるというものです。
残念ながらこれは10月31日に応募が締め切られていました。

アンテナをちゃんと張っていれば、これらの補助金にも気づいていたのにと、後悔しています。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村




保健所の中間検査

旅館営業の許可は、12月に建物が竣工して、宿泊室に什器備品等の設置を完了させてから、保健所の検査を受けて、いただくことになります。

↓ポチッ! して読んでいただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

旅館営業の申請書は、着工前の今年1月に新宿区の保健所に提出してあるのですが、あまりご無沙汰していると忘れられてしまうのではと、時々担当者の方に建設の進捗状況などを報告していました。

すると夏ごろに、
「宿泊室の窓が設置されたころに、中間検査として現地を見に行きます。」と言われました。

その中間検査が、11月1日に行われました。
設計士、現場監督にも帯同してもらい、保健所の担当者2人の方に現場を見てもらいました。
入口、フロント、廊下、洗濯室、倉庫、掃除用具置場等を見ていただき、そして宿泊室5つを検査です。

2階A号室

本当は壁、天井のボード、床板も張ってなく、電線、給排水管、換気のダクト等が見れる状況を確認したかったそうですが、全ての部屋でボード、床板を張ってしまっていました。

担当の方は、私が1月に提出した平面図を見ながら、その通り造られているかの確認をし、窓に関しては、窓枠にレーザーの測量器で縦横の長さ・面積を測っていました。

検査が終わり、テーブルについて、話し合いをしました。
今年6月15日に旅館業法の改正、さらには新宿区の条例も改正施行されたことに関する説明を受けました。
・洗面所及び便所の手洗い設備に石けん等を常に置いておく
・宿泊者の見やすい箇所に緊急連絡先(ミニホテルの電話番号)を表示
・公衆の見やすい場所に施設の名称を表示 などなど・・・

私が申請した時は、5部屋以上が条件だったのですが、現在は1部屋以上で旅館・ホテル営業として認められるのですが、宿泊所としての体を成していないと困るというところのようです。

あとは、定員をドアの裏に表示すること、宿泊室の照明の明るさは床面で40ルクス以上など、伺わなければ、気付かなかったことでした。

竣工後の検査は、是非とも年内にやっていただきたいので、12月26日を予約しました。
問題がなければ、2週間後(正月休みを含まず)に旅館営業の許可が下りるとのことで、1月中旬に営業を始められそうです。

地下A号室181101

保健所の中間検査を受けた11月1日はせっかく私たちと設計士さんが現場に集まるので、ホテル設備業者、カーテン業者にも来てもらい、下見、測量をして、設置の準備をしてもらいました。

建物の完成、ミニホテルの営業に向けて、一段進んだと実感出来た一日でした。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村





宿泊予約サイトへの登録(その2)

前回のブログに書きました通り、宿泊予約サイト6社に登録し、それらを一元管理する[ねっぱん]を使用するのですが、どちらを先に行えばよいのか分からず、ねっぱんに問い合わせたところ、
「どちらが先でも良いですよ。」とのことでした。

↓ポチッ! して読んでいただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

そうなら、まずはねっぱんに登録しようとしたところ、何と!ホテルの電話番号が決まっていないと登録できませんでした。
既にホテル用のメールアドレスは取得しており、住所も前々回のブログに書いた通り、現在申請中です。
ホテルの電話、ネット、インターホン、監視カメラは、IT構築会社に依頼しており、
「電話番号を現時点で取得できますか?」と聞いたところ、出来ますとのことで、取得をお願いしました。

近日中にNTT東日本(私の西新宿のミニホテルから徒歩3分のところに本社があります)から、番号の候補が提示され、私が選ぶことになりました。電話回線は、ホテル、法人、個人、ファックスの4回線です。

さて、ねっぱんは電話番号が決まってから登録し、それと並行して6つの宿泊サイト「Booking.com」「エクスペディア」「アゴダ」「じゃらんnet」「楽天トラベル」「Airbnb」に登録・掲載していき、出来れば開業前の今年中に宿泊客の予約を受け付けたいと思います。
(建物が完成しないともらえない旅館営業許可番号がなければ、登録・掲載できないサイトもあるようですが)

さらに、すでにプレオープンしている自社のホームページでも、自ら宿泊客を獲得すべく、宿泊予約を行います。
それを行うには、楽天トラベルの「R-with」と言うサービスを使います。

★R-with
宿泊施設ホームページにインターネット宿泊予約機能を付加するサービスです。宿泊施設自社 ホームページでの販売在庫と、楽天トラベルでの販売在庫を一元管理することが可能です。 【開始日】2008 年 4 月

自社のホームページの宿泊予約受付は、先行して出来れば11月1日から始めたいと思います。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村





プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却
2017年、コインランドリーを練馬区関町南に開業。八王子1棟物件を売却。西新宿の土地を外国人旅行者向けの宿泊所兼社宅の建設用地として購入。

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード