「タッチの差」の続き

人気ブログランキングへ

8月16日のブログ「タッチの差」で201号室の入居希望者が重なったことを書きましたが、その後の結果を書きます。

先に201号室に入居申込を書いた方は、実は本人ではなく息子さんでした。そしてそのご本人とは・・・
東日本大震災の最大の被災地である福島県の南相馬市のお母さんでした。

息子さんが吉祥寺に勤務しているので、お母さんにその近くに住まわせたく、部屋を探したとのことです。
8月24日に、お母さんご本人が部屋を確認し、契約する段取りになっていたのですが、
「被災者への家賃補助の給付が、申請してから2,3カ月かかるので、ご迷惑になるので、辞退します。」とのことでキャンセルになってしまったのです。

さらに他の理由もあったのかもしれませんが、とても残念でした。
補助の家賃の上限が7万円とのことなので、そこまで下げてあげたこともありますし、なによりも被災者の方のために大家として何かできることがあればと、以前から思っていましたので・・・

201号室を気に入っていながら、タッチの差で遅れ、302号室を予約された方は、その後、“やはり201号室でなければ”と、他のアパート、マンションを探されていたそうです。

キャンセルを伝えると、実は他で入居申込を書いてしまったそうですが、そちらをキャンセルし、27日に201号室の入居申込を書いてくださり、昨日29日に敷金、礼金、家賃を支払われました。
大家としては、これでようやく“決まった”と安心できました。

302号室がまだ埋まっていないことが、頭の痛いところですが、繁忙期である9月に期待して、粘り強く営業活動をしていきたいと思います。

人気ブログランキングへ

↑↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


不動産投資<br /> の収益物件

target="_blank">不動産投資の健美家


スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード