コインシャワーには奥があった


人気ブログランキングへ

昨日鮫洲でコインランドリーと一緒になったコインシャワーを見つけた後で、鮫洲駅前でこんなポスターを見かけました。

eルーム

「激安!ワンルーム28,000円~」
ん?!どっかで見たことのあるポスターに似ているなあと思ったら・・・
そうです。マンガ喫茶マンボーで見たシェアハウスのポスターとよく似ているのでした。

28,000円~と「敷金・礼金・保証人不要」はまったく同じです。
さらに、「住所利用OK!」「郵便・宅配便受取可!」をアピールしているのはスゴイですね。

そして、ポスターの一番下の文字「多目的レンタルスペース」も、見たことがあります。
それも数日前に。
さらに写真をヨクヨク見てみると・・・

ポスター拡大

1階が何と!コインシャワーではないですか!
24日のブログで書いた青物横丁のコインシャワーとよく似ています。
早速、eルームをネットで調べてみると・・・

http://www.eroom-navi.jp/store//tabid/74/Default.aspx

青物横丁のコインシャワーのある建物の入口に「多目的レンタルスペース」と書かれていたのですが、この建物は、コインシャワー以外は全て「レンタルスペース」なのでした。

「レンタルスペース」という名称ですが、共同のトイレ、キッチンがあります。

そして、コインシャワーは「レンタルスペース」の入居者のみならず、一般の人も利用するために設置されているのでした。
(HPでは、フロア一例と言う形で、入居者専用のコインシャワーが別にあるように書いてあります。でもこの建物はさほど大きくないので、入居者専用はないのではと思います。)

と言うことで、青物横丁のコインシャワーは、レンタルスペースと一体になった施設なのでした。

でもこのレンタルスペースは、何でシェアハウスと呼ばないのでしょうか?
一般的な感覚では、シェアハウスです。

この青物横丁の建物は、以前は間違いなく事務所です。
シェアハウスですと、共同住宅や下宿と同類の特殊建築物で、100㎡を超えると用途変更の確認申請が必要になります。それをしないため、レンタルスペースという呼び方をしているのではと勝手に推測しました。


人気ブログランキングへ

↑↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


不動産投資<br /> の収益物件

target="_blank">不動産投資の健美家


スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード