突然、鎌倉に・・・

人気ブログランキングへ

妻と「ゴールデンウィーク中にどこか行きたいね。」と話をしていましたが、今日の朝突然に、「鎌倉に行こう!」と言うことになりました。

藤沢の母にも声をかけ、北鎌倉で有名な和食店「鉢の木」に11時半に昼食の予約をし、急いで家を出発しました。
予想はしていましたが、北鎌倉駅を降りるとすごい人の数です。「鉢の木」にも待つ人の列ができており、予約して大正解でした。

ごま豆腐
お通しのごま豆腐です。

和食弁当
入れ子膳3,465円です。

あゆ
丸ごと食べれるアユのてんぷらもついてきました。
和食の昼食って、おいしいし、健康にも良いし、さらに鎌倉で食べているので最高です。

食後に、鎌倉街道を鶴岡方面に向かい歩いて行くと、洋菓子屋の「欧林洞」あります。
そこで、デザートととして、お茶とケーキをとりました。

プリン
私がとったのはこのプリンとコーヒーです。
のんびりと落ち着いた気持ちになれます。

つつじ
鶴岡八幡宮にでて、そして、段葛を歩いていると、つつじが満開でした。

長谷寺に行こうと言うことになり、私は歩くのはなんてことはないのですが、母と妻の要望により、鎌倉駅からタクシーで行くことになりました。ものすごい渋滞で、歩いた方がはるかに早いのですが、海岸の道路を走り、海を見ることができたし、運転手さんが裏道を選んで、面白い体験ができたので、まあ良かったかな・・・

長谷寺
長谷寺もすごい人です。観音様と鎌倉江ノ島七福神の大黒天様にお参りをしました。
大黒天様にはもちろん大家業が順調に行くようにとのお願いをいたしました。

藤
長谷寺の境内は、植物が実によく手入れされています。こんなきれいな藤は、今年初めて見ました。

ボタン
牡丹もこんなにきれいに咲いています。

眺め
そして長谷寺は、ロケーションが最高で、山の斜面を登って行くと、鎌倉市街と海を眺望することができます。
洞窟もあるし、いくつもの見どころ、楽しみのあるお寺です。

帰りの、長谷駅からの江ノ電はとても混んでいて、一電車乗り過ごし、二つ目でぎゅうぎゅうになりながらもようやく乗れ、無事に家に帰ることができました。

まる1日楽しめたちょうど良い日帰り旅行でした。

人気ブログランキングへ

↑↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


不動産投資<br /> の収益物件

target="_blank">不動産投資の健美家
 

スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

No title

私も先日、妻と母とともに鎌倉に行ってきました。
鶴岡八幡と鎌倉駅前の商店街めぐりをして、食事をしてきただけでしたが、牡丹園もきれいでよかったです。

おいしいものを食べて。

大人のリッチな遠足ですね。
鉢の木行ってみたいな~♪

あかちゃん、コメントありがとうございます

駅前の商店街は小町通りでしょうか? ちょっと歩きましたが、ものすごい人でした。
娘がいたら、小町通りのウインドウショッピングで1日が終わっていたところです。

伝統と自然と商業地と、鎌倉は実に楽しめますね。

kamochan、コメントありがとうございます

鉢の木は、以前は駅からもっと遠いところだったのですが、新館が徒歩5分くらいにでき、さらにはやっています。
もともとのところは、喫茶になりました。

懐石料理と精進料理で、健康に良いので、お薦めです。
プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード