身近な人の死に思うこと

人気ブログランキングへ

今日、義母の告別式が執り行われ、遺体は荼毘に付され、私も義父と一緒に箸で焼かれたばかりの骨を拾わせていただきました。
常に接していた近しい肉親が亡くなったのは、21年前の父以来です。

身近な人がなくなると、やはりいろいろなことを考えさせられます。
それまでは、「生き物はいつか死ぬ。人も必ず死ぬ。」と言う当たり前のことが実感としてわかっていませんでした。そして、自分自身もいつか必ず死ぬと言うことも・・・

義母の葬儀は神道により行われました。
「神道においては、『人はみな神の子であり、神のはからいによって母の胎内に宿り、この世に生まれ、この世での役割を終えると神々の住まう世界へ帰り、子孫たちを見守る』ものと考える。よって、神葬祭は故人に家の守護神となっていただくための儀式である。」
その通りに、自宅で近しい人だけで行われました。

お通夜に当たる昨晩は、遷霊祭と呼ばれる、故人の霊を霊璽(真ん中に穴のあいた縦長の板のようなものです。)に遷し留める儀式「御魂移しの儀」を部屋を暗くして行いました。

葬儀の意味、本質を調べると、人生の意味、死後の世界観にたどり着きます。
そして、自分自身の人生について、やはり考えてしまいます。

いつまで生きれるのかわかりません。極端にいえば、明日死ぬのかもしれないのです。
今を最高の素晴らしい時とすべく、一生懸命生きて行かなくてはいけないと、思わずにはいられません。
実際にそう生きて行きたいです。

人気ブログランキングへ

↑↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


不動産投資<br /> の収益物件

target="_blank">不動産投資の健美家
 

スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

生きていること。

天国から、お義母さまが見守っていらっしゃいますね。
私たちは感謝の気持ちでいっぱいです。

ドビー様はこれからもきっとお幸せなご家庭を築いていかれると思います。

わたしもがんばります。

kamochan、ありがとうございます。

妻はお母さんと、非常に仲の良い母子でした。

そして、義母は唯一の孫である娘のことをいつもかわいがってくれていました。

その義母の思いに応えるためにも、家族3人もっと頑張って、もっと幸せにならなくてはと思っています。

死を意識して

ご愁傷様です。

私も25年前に父親を亡くしました。
59歳との若さでした。

しかし、太く短い人生でしたので成仏したと
思っています。

今、自分ができることは、祖父・父が築いた家系を
次にバトンタッチさせることですが、こればかりは
自然に任せるしか無いですね。

死を意識したとき、人は優しく・力強くなると思います。 

本当にお悔やみ申し上げます。

鈴木規之さん、お悔やみのお言葉ありがとうございます。

身近な人の死に会い、自分の生を考えるのは、ちょっとテンポが遅いのかもしれませんが、それまで気付かなかったものを気づかさせてくれます。

日頃から、もっと感謝の気持ちを持って、生きていかねばと思っています。

お悔やみ申し上げます。

 このたびはお悔やみ申し上げます。
私も先月の6日に父親が他界いたしました。うちの場合は
7年の特養生活で療養は計11年になりました。
親は元気が一番ですが、いつかこのような日がやってきますね。

気を落とさずお互いにがんばっていきましょう。


udachan、お悔やみのお言葉ありがとうございます。

渋谷の集まりの後で、お父様が亡くなられたのですね。
知らずに失礼しました。
ご冥福をお祈り申し上げます。

私の父も何カ月もの入院の末に亡くなりました。
衰えて行く父を見るのはつらいことでしたが、ちゃんと話ができ、父の最期の言葉「ありがとう。」を聞けた時間を持てたことは良かったです。

父の遺志を引き継ぎ、しっかり生きて行かなくてはと思ったものです。その気持ちを忘れてはいけませんね。
プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード