1番手が手間取っているわけ

人気ブログランキングへ

7月30日に買付申込をし、8月5日に融資がおりたものの2番手のままになっている物件は、1番手がまだ契約、決済、引き渡しをしていないとのことで、まだ希望は残っているものの、どうもすっきりしません。

物件は、店舗+住居のやや築古RCですが、きわめて駅近(さほど大きくない駅ですが)で、高利回りなのが大きな魅力です。

私に1番手の権利が回ってくるために、モチロンいろいろな働きかけをしましたが、元付業者、売主から色よい返事が戻ってきません。
売主の親戚にご不幸があり、契約が遅くなっているとの話でしたが、どうもそれだけではないようなので、仲介業者さんに強く“事実を聞きだすこと”と“私をプッシュすること”を要望しました。

そして昨日ようやく契約が進んでいない新しい理由が入ってきました。それは・・・
“店舗の1つが退去することに1番手が不安を感じ、購入を躊躇していた”とのことです。

売却の物件情報に、店舗の退去は書かれていませんでしたが、私が視察した時、その店舗はさびれていて、長くは続かないだろうなあと思ったものです。
でも、きわめて駅近なので、新たなテナントの獲得は、すぐできる自信はありました。

おそらく、物件売却の情報が出た時、店舗の退去通知は来ていたはずですので、売主は情報開示しなければいけなかったのですが、していなかったのでもめたようです。
1番手が躊躇したなら、すぐに2番手の私に回して欲しかったのですが、残念ながら、1番手は結局、購入することにしたとのことです。

もうこの物件には未練は残さず、買付に入っているもう一つの物件に全力を注ぎます。

人気ブログランキングへ

↑↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


不動産投資<br /> の収益物件

target="_blank">不動産投資の健美家


スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード