物件情報ゲットから決済・引き渡しまで

人気ブログランキングへ

今回購入した物件は、懇意の不動産会社さんから、8月9日の夜にメールで、他の4件の物件と一緒に入ってきました。
その懇意の不動産会社さんとは、元銀行員のT.K.さんが社長のN財産コンサルタンツです。

その物件は、法人である売主さんの事情で、元付さんが内密に買手を見つけ、8月中の決済・引渡しをする予定だったそうです。
ところが、見つけた買手が、融資を通すことができず、元付さんはブローカーさんに情報を流し、その情報がN財産コンサルタンツに来て、私に回ってきたのです。

その後は、ブログで書いた通り、西荻窪駅徒歩1分の物件の融資がダメだったので、代わりの物件として急浮上したのです。
8月13日に買付申込をし、22日に契約まではトントン拍子に来ましたが、その後は苦難の連続でした。

これもブログで書いていますが、8月初めに融資の承認をもらった西武線の駅徒歩30秒の物件が、2番手だったとは言いながら、1番手がもめて契約してなく、買える可能性が残っていたのです。

4つの金融機関に融資を申請したものの、すぐに3つから断られ、“コリァー、ダメかも。西武線の物件がもし、私に回ってきたら、そっちかなあ。”など、変に気持ちが揺れてしまいました。

1つ残った金融機関も、感触は良いものの、契約に書かれた残金支払いの9月9日には間に合いそうもありませんでした。
契約の時、口頭では、“9月9日は目安で、多少遅れても構わない。”と話が出ていたので、大丈夫だろうと思っていたのですが、9月9日が近付くにつれ、売主さんは9月9日にこだわり、その日に残金支払いができなければ、手付金解除を匂わせてきました。
どうやら、他の買い手が、その後出てきたようなのです。

そこで、金融機関に無理を承知で急いでもらい、9月7日融資承認、8日金消契約、9日決済・引渡しという考えられないラストスパートをしていただいたのです。
金融機関の担当者の方には、感謝、感謝です。

物件の購入は、金融機関の担当者の方以外にも、いろいろな方々の力を借りなくては、できないものですね。
それをすごく実感した今回の購入でした。

人気ブログランキングへ

↑↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


不動産投資<br /> の収益物件

target="_blank">不動産投資の健美家

スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード