ついに来た!不動産取得税・・・


人気ブログランキングへ

昨年9月に購入した国分寺の物件の不動産取得税のご案内が、東京都主税局から来ました。
事前に金額のお知らせが来ていたので、わかっていたのですが、やはり高額ですね。

支払用紙は、コンビニでも払えるものなので、なんとかポイントにできないかと、ただでは起きないつもりでした。
しかし、コンビニでの支払いは30万円以下でないとできず、浅はかな目論見に終わりました。

さて、4年前の八王子と、3年前の吉祥寺の時はいくらだったか調べてみました。

そして、それぞれの物件は割高だったのか、割安だったのかを、「不動産取得税額=不動産評価額の基準」として割り出してみました。

購入金額÷不動産取得税(土地+建物)
・八王子 70倍
・吉祥寺 89倍
・国分寺 69倍
*吉祥寺が割高で、八王子、国分寺は割安だったと言うことになります。
 その通り、吉祥寺の利回りは低く、八王子と国分寺はほぼ同じ利回りです。
 でも、89倍と70倍、69倍ほどの差はないので、吉祥寺は割高な家賃をとれていることになります。

不動産取得税の土地:建物の割合はどうかと言うと
・八王子 37%:63%
・吉祥寺 38%:62% 
・国分寺 37%:63%
*ほとんど同じでした。
 3つともRCですが、購入した時はそれぞれ、築11年、17年、21年とかなり違うのです。
 でも、容積率(延床面積÷土地の面積)が、160%、210%、300%と、古い順に高いから、偶然にも土地:建物が同じ割合になったのでした。

そんな分析をしましたが、4月2日までに国分寺の不動産取得税を払いに行ってきます。


人気ブログランキングへ

↑↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


不動産投資<br /> の収益物件

target="_blank">不動産投資の健美家


スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード