八王子花火大会


人気ブログランキングへ

昨日7月28日午後7時から八王子花火大会が行われました。
4年前に購入した八王子の物件の屋上から、打ち上げ場所となる八王子市民球場の上空までさえぎるものがなく、とてもよく花火を見ることができます。

毎年、いつもは安全上閉鎖している屋上を開放し、入居者の方にも声をかけ、花火鑑賞をしています。
2年前は私たち家族3人と入居者及びそのお友達5人の8人でにぎやかに花火を楽しみました。
ところが昨年は大震災による自粛で中止でした。

今回も入居者の方々には手紙でお誘いしました。
我が家も3人で行く予定が、妻が夏風邪をひき、行けなくなりました。
なら、娘も行かずに私1人で行くことになるんだろうなと思っていたところ、予備校から帰って来た娘は「私、行く!」との思いがけぬ言葉でした。

急きょ車にテーブル、椅子、ビール・ソフトドリンクを入れたクーラーボックスなどを積んで、出発です。
30分前に現地に着いて、すぐ近くのスーパーで、焼き鳥、フライドチキン、焼きそば、サラダ、せんべいなどを買いました。

セッティング

こんなふうにセッティングして、花火が始まるのを待ちました。

屋上照明

久しぶりに屋上に来たわけですが、照明のカバーが吹き飛ばされていました。
ビックリですね。誰も入らないので、故意に壊されることはないので、強風で吹き飛ばされたのだと思います。

カバー

屋上の隅に飛ばされていた割れたカバーを、とりあえずネジとテープで仮どめしました。
漏電の心配もあるので、早くカバーを探して、購入し、取り付けておかなくては・・・・

開始

花火が開始されると、近くの建物の屋上やベランダから歓声と拍手が起こりました。
もちろん私も拍手、バンザーイです。

毎回私は言っているようですが、やはり自分が所有する物件で屋上を占領して花火鑑賞を楽しむのは、ものすごく気持ちがイイです。
それに今回は、いつもは妻にべったりの娘が、私についてきてくれ、この点でもイイ気持ちです。

2年前参加した入居者の方は、1人は働いていた八王子の工場の縮小により実家に戻り、もう1人の方は仕事で不参加でした。
事務所+住居5つの小さなマンションで、3月に入居した中国人留学生の部屋に灯りが付いていたので、モニターホンを押して、屋上に来て下さいと直接話したのですが、恥ずかしかったのか、来てもらえませんでした。

ピーク

しばらくすると真っ暗になり、花火があざやかに夜空に映えてきました。
1時間半、娘と大学受験やいろいろな話をしながら最後まで鑑賞しました。

十分満足しました。夏の風物詩、花火って実にイイもんです。


人気ブログランキングへ

↑↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


不動産投資<br /> の収益物件

target="_blank">不動産投資の健美家

スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

No title

すごくキレイですね!
お嬢様のご成長ぶりもうかがえますね☆彡

kamochan、コメントありがとうございます。

富士登山同様、ちょっと月が明るすぎましたが、それ以外はとてもよい状況でした。

風はそよ風で、心地よかったです。

娘の受験勉強一本やりでなく、季節の行事に参加して、リフレッシュができたようです。
プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード