プレゼンテーション力

太陽光発電導入の融資を受けるための日本政策金融公庫の申込みには、申込書、2年間の決算書、見積書とともに、企業概要書が必要です。

個人の場合でも必要で、その人の経歴、経営の状況などに加え、
・商売の特徴やセールスポイントなど
・商売の今後の展望や課題など
を書かなくてはなりません。

各6行もあるので、いろいろ考え、アピールするよう力を込めて書いてしまいました。
これを書きながら、8日のセミナーで、メガ大家さんが融資申込みの際作るという資料のことを思い出しました。

その大家さんの作成資料はデューデリジェンスで、いかにその物件は価値があり、自分は優れた経営をできると理論的にアピールするので、融資担当者を動かすのだと思います。

今回の私の場合、個人、法人合わせ、せいぜい400万円の融資で、実に小さいのですが、目標、意気込みを書くってイイことですね。

これから、面接もあるそうですので、プレゼンテーションと言えます。
今の自分の不動産経営の現状分析になり、今後の方向、とるべき戦略が明確になりました。

*以下、ネットの検索より
【デューデリジェンス 】
もとは法律用語で、直訳すると「当然払うべき注意・努力(Due diligence)」といった意味。不動産証券化の用語としては、不動産価値の精査、あるいは適正な評価手続きを行うための事前の調査・分析を指し、「デューデリ」と略す。さまざまな角度から総合的かつ精巧に調査する。

具体的な内容は、「市場調査」「収益性調査」「権利関係調査」「環境・建築・設備調査」「キャッシュフロー分析」「リスク分析」等

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村

不動産投資<br /> の収益物件

target="_blank">不動産投資の健美家


    








スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード