アパート・マンションでのブロードバントはどうなるのか?

昨日の日経新聞の一面のトップ記事でバーンと出ていましたが、NTT東日本・西日本が、光回線の値下げを発表しました。

マンションの場合は今まで3000円~4000円台の月額サービス料金だったのが、2800円程度になるそうです。(500~1200円程度の接続料が別途必要)
そうすることにした理由は、高速携帯電話サービス「LTE」の普及や、スマートフォンを通じてタブレットなどをインターネット接続する「テザリング」の利用者増加により、光回線の契約数が伸び悩み、転居の際にやめる利用者が増えているからだそうです。

う~ん、時代の流れは速いですね。
アパート、賃貸マンションで、入居者を獲得するには、光回線(ブロードバンド)が導入されていることが最重要と言われたのはまだ5年くらい前だと思います。

入居者は無料で光回線使い放題のサービスを業者さんから提案されていましたが、大家の負担がかなり高いので、見送っていました。
なので、私の物件はBフレッツを導入しているものの、費用は利用者負担です。
学生さんは必ず利用していますが、他の入居者はあまり利用していないようです。

さらに、この1、2年のスマホの普及で、状況は一変してきました。
スマホの毎月の利用料は、たいてい4000円以上ですので、光回線も利用していると最低8000円以上の通信費になってしまいます。

これは学生や若者には大きすぎる出費です。
どちらかを削るとなると、光回線ですね。

無料で光回線が使い放題なら、入居者は今までと変わりないとも言えますが、そのサービスが入居者獲得の必須アイテムではなくなってきますね。
高い導入費と毎月の料金を支払っている大家にとっては、イタイ話です。

イヤ~、時代の流れの速さは恐ろしいですね。
事業は先を見通さないといけません。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村

不動産投資<br /> の収益物件

target="_blank">不動産投資の健美家

   





 
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

ニーズの変化

先の賃貸住宅フェアでも、無料ネット関連の
業者さんのブースが乱立気味でしたが、
スキームが陳腐化する前の最後のかき入れ時
という焦りにも似た感じがしました。

今後はWifi接続のみできれば、自宅でも
スマホやiPADから高速接続できるという
ウリのスタイルに変わっていくと思って
います。

Re: ニーズの変化

MOLTA_Rさん、コメントありがとうございます。

スマホを利用している人ならこれからは自宅でもWifi接続の方向でしょうね。

私の物件ではBフレッツを導入しているので、その利用料が下がるのは、入居者にとって良いことでもあります。
プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード