マンションの建物点検

昨日、区分所有で、私が管理組合の監事をしているマンションの建物点検に行ってきました。
参加者は、管理会社の担当者が2人、業者の一級建築士が1人、管理組合の理事と私です。

GCH屋上

築25年くらいで、10年くらい前に屋上の防水をし直しています。
断熱材の入ったふわふわのシートを敷き詰めたもので、ほとんど劣化は見られません。
私の吉祥寺の物件も同様の物ですので、ホッとしました。

GCH屋上から

屋上から下を見ると、北側斜線のに貼られたタイルにひびが入っています。この部分、何故か良くひびが入りますね。
すぐに自分の一棟物件のことにあてはめてしまいますが、国分寺の物件のひびもこの部分が多いです。

GCH4階廊下

4階の廊下はこのように庇がないのですが、透明のものだと、付けても違反ではないそうです。
私の吉祥寺も、3、4階が同様なので、透明の庇をつけることを検討したいと思います。
ドアの下、メーターボックスの下が腐食してきていますので。

建物点検は、小さなことはいくつかあったものの、特に問題なく終了しました。
ところがそれ以外の問題点が・・・

GCH4階

この物件は、駅から徒歩1分で、プラットホームからすごい近い距離にあります。
なので、4階のベランダで、近くの飲み屋の電光板広告をやっているのでした。
ベランダは共有部分ですので、そこで営業・宣伝行為を無許可で行うのは明らかに違反です。

実は、組合員の人が何カ月も前に管理会社に通報していたのに、放置したままなのでした。
その部屋のベルを押しても留守のようで出てこないので、電光板広告の中止・撤去要請の紙書をドアに貼りました。
それでも、やめない場合はその飲み屋に、中止・撤去要請を行うこととしました。

とてもラッキーなこともありました。
所有者の所在が分からず、管理費・修繕積立金を約100万円滞納している部屋から入居者の人が出てきたのです。
その人は賃借人で、所有者を知らないそうですので、仲介業者を教えてもらいました。
その仲介業者経由で所有者の連絡先を聞き、滞納金の請求を行えそうです。

区分所有のマンションにかかわるのは面倒ですが、自分の一棟物件の設備・管理・運営にとても勉強になります。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村

不動産投資<br /> の収益物件

target="_blank">不動産投資の健美家

   






スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード