アベノミクスの金融緩和

5日ほど前、アパートローンを借りている地銀から連絡が来て、確定申告のコピーを提出してくださいとのことでしたので、税理士事務所から送られてきた原書をPDFにして、それをプリントアウトし、郵送しました。

信用金庫からも求められるでしょうから、言われる前に朝のジョギングの際、信用金庫の郵便箱に入れてきました。

そうしたら、担当者からすぐ電話があり、確定申告のお礼の後、間髪入れずに、
「ところで、物件の購入はまだ検討されていますか? そうなら、ぜひともご融資したいと思っています。」
“おーっ、とっても嬉しいです。”

アベノミクスによる金融緩和は現実なんですね。身近に実感できました。
ただ、この信金に1,2か月前に築古40年の木造アパートの融資をお願いしたら、土地の路線価以下の買値でも、建物がすぐにダメになる恐れがあるので、融資期間を取れず、融資をすることができませんと断られたばかりです。

積算価格の高い物件を持ち込めば、融資してくれるのでしょうが、バス便の広い土地の物件など、客付けに苦労するのがわかっている物件は、私の方から敬遠です。
今後、賃貸需要がさらに厳しくなるのは明白ですので、やはり立地には一番こだわります。

しかし、いい物件が本当に見つかりませんね。
都銀の担当者の方も、最近持ち込まれる物件は利回りが以前より低いことを言っていましたし、大家仲間の人たちからもそういう意見をブログやSNSで書いているのを読んだり、直接聞いたりします。

3月末に金融モラトリアム法が終了するので、良い物件がどんどん出るという予想はもろくも崩れたようです。
不動産価格が上がっているので、逆に売るのにいい時期になってきています。

でも、金融緩和のこの時期を利用し、何とかいい物件を探して、買いたいですね。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村

不動産投資<br /> の収益物件

target="_blank">不動産投資の健美家

   






スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード