金消契約終了

昨日仕事帰りに、法人の代表である妻と待ち合わせをし、信用金庫に行ってきました。
7月末日に行う引き渡しに先駆け、金銭消費貸借契約を事前にしてしまうためです。

賃貸物件として、11件目の購入となるわけですが、引き渡しの前に金消契約をするのはあまり記憶にありません。特に夜やるのは、初めてだと思います。午後の7時ですから、とっくに信用金庫は閉店していて、裏口から入りました。

例により書類は山ほどあります。
法人で購入するので、ほとんどはゴム印で済むのですが、連帯保証人は妻と私の個人で、どういうわけか個人の欄は、手書きでないといけないとのことで、住所、名前などを何回も書くので大変です。

1時間ほどで終わりました。
これで引き渡し当日の作業はかなり減り、短時間で済むことになり、ありがたいです。

でも、よく考えてみると、署名・捺印を何か所もしておきながら、契約書の条文は全く読んでいません。
この信用金庫は、私たちのメインバンクで、以前にアパートローンや、市の融資の契約もしているので、問題はないでしょうが、本来なら事前に契約書を見せてもらっていないと、じっくり読んで、納得することはできないですね。

しかし、じっくり読んで、ここを変えてほしいといっても、貸す側は契約書は変えることはできませんというところでしょうか・・・

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへにほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村

不動産投資<br /> の収益物件

target="_blank">不動産投資の健美家

  







スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却
2017年、コインランドリーを練馬区関町南に開業。八王子1棟物件を売却。西新宿の土地を外国人旅行者向けの宿泊所兼社宅の建設用地として購入。

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード