井の頭池が水抜きされます。

井の頭公園と言えば、なんといっても池を思い浮かべます。
井の頭池なのですが、その井の頭池の水が抜かれることになりました。

井の頭池、かいぼり

なんでそんなことをする必要があるのかと言うと・・・

<以下、井の頭公園HPより抜粋>

現在の井の頭池は、地下水の大量汲み上げや、市街化による雨水の地下浸透量の減少などの結果、池の湧水が枯渇してしまって、井戸水を補給して池の水量を維持しているのです。
つまり、井戸水を補給しなければ、井の頭池は干上がっているのです。

昔は、7つの湧水口からの水量が豊富で池底が見えるほどに水が澄み、湧水に特有の魚や、さまざまな水生植物が生育する池だったのです。

今は、植物プランクトンが増殖して緑褐色に濁った池になってしまい、低い透明度・酸素不足・高水温といった厳しい環境に耐えられる種だけが生き残ってきたのである。
オオクチバス(ブラックバス)やブルーギルといった外来魚である。
これらの外来魚は、在来生物を食い、池の魚の9割を占めるほどに増殖してしまっている。

開園100周年を迎える平成29年度に向けて自然豊かな井の頭池をよみがえらせるために、かいぼりを実施することにした。

【かいぼりとは?】
農閑期にため池の水を抜き、堆積した泥を取ったり魚を捕まえること。ため池の管理には欠かせない。

【かいぼりのねらいとは?】
池底を一旦干して水質改善を図ることと、外来魚を取り除くのが目的である。

1度のかいぼりで透明な水がよみがえるわけではない。平成29年まで1年おきにかいぼりをおこなっていく予定である。

井の頭池、かいぼり工事


1月25日、26日には、ボランティアに応募して来た人たちが、干上がった池に入って魚を捕ったりする作業をするそうです。その様子を是非見てみたいです。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村

不動産投資<br /> の収益物件

target="_blank">不動産投資の健美家

  








スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

外来種は困ります。

 すごいプロジェクトですね。

 全国で外来種の問題がありますね。
・ ブラックバス
・ ワニ亀
・ 植物

 島国の日本国はデリケートなのです。

干上がった井の頭公園の池も壮大ですね。

鈴木規之さん、コメントありがとうございます。

井の頭公園100周年に向けて、池の浄化と生態をもとに戻す作業を行うとのことです。
外来種が強いのは、もともとの日本種が弱いからなのか?
日本の気候が変わり、外来種が生きるのに合ってしまったのか?

いずれにしても良くないことですね。
プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード