押入をクローゼットに

国分寺物件の退去した部屋を和室から洋室にセルフリフォーム中です。

押入⇒クロゼットやる前

と言うことは当然、押入をクローゼット(もしくは物入)に変更します。

2年前にも同じタイプの部屋で、押入をクローゼットにしたのですが、その際は表具屋さんに、クロスの貼替と一緒に、にやってもらいました。
若い表具屋さんなので、チャレンジと言うことで、大工仕事までやってくれたと言うところです。
もちろん棚は取ってくれ、洋服をかけるバーを付けてくれましたが、襖は表の紙を貼り替えただけでした。

押入⇒クローゼット棚あり

今回は自分でやりました。
もともと、押入れが湿っぽくって物がカビると言うので、裏側を見るためにベニヤ板を引っぺがしていました。

押入⇒クローゼット棚外し中

棚を外すのはどうしたら良いか? 一瞬考えましたが、手前の横板の両端をノコギリで切り、力ずくで外しました。

あとは支えている角材を引っこ抜こうとしましたが、釘が打ちつけられているようで、抜けないので、テコの原理よろしく、端をグゥ~ッと円のように動かして、釘から抜き取りました。

押入⇒クローゼット棚外す

棚板は、周りを細い角材で釘で抑えられていましたが、マイナスドライバーをねじ込んで、これも力ずくで外しました。

押入⇒クローゼット完成

これからベニヤ板を新たに取付ますが、このように洋風引戸を取り付けると、見た目には完成です。

駒沢大学物件で、リフォーム会社さんが襖を洋風引戸に変えたのがよかったので、今回は自分でネットで買いました。
2枚で約34,000円でした。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村

不動産投資<br /> の収益物件

target="_blank">不動産投資の健美家




  









スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード