畳⇒フローリングに思わぬトラブル

畳⇒フローリングのセルフリフォームは、国分寺物件でやったので、所沢物件でもやり始めました。

フローリング6畳

畳を撤去した6畳の部屋です。

フローリング根太

根太を30.3cm幅に並べてみたところビックリです!

フローリング荒床歪み

荒床の真ん中部分がふくらみ、端ではこんなに隙間が空いてしまっています。最大3.5cmあります。
軽量鉄骨築36年のことはあります。

“う~ん、どうしよう?”しばらく考えました。
荒床自体を水平にするのは、全部引っぺがして、荒床の土台を調整しなければいけないので、大変な手間です。

ともかくネタを取り付け、そしてその後また考えてみようと思いました。
フロアー釘で根太を両脇から打ちつけました。立って、座っての作業なので、半分の6本を打ち付けたところで、腰が痛くなり、この日は終了です。
(この作業の前に、近くのホームセンターに材料の買い出し、階段の屋根の直しで、かなり疲れていました。)

フローリング根太切る

普通に打ち付けることはできないので、右から2/5の大きな隙間の空いている一番膨らんでいるところで根太を切ってあります。

とりあえず、全部の根太を打ちつけてから、合板を上に載せてみます。
合板の幅は90㎝なので、結構2/5の幅に近いです。なので、そのまま合板を打ちつけられ、フローリング材を上に貼ることができるかもしれません。

でも、できるなら根太をカンナで削り、平らにして、合板を水平に打ち付け、フローリング材を貼りたいと思います。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村

不動産投資<br /> の収益物件

target="_blank">不動産投資の健美家
















スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

いつも楽しく拝見しています。
ネダの下のビスが入る場合に丁度良い厚さの材を挟んで固定するのは、どうでしょうか?

おおやがくさん、コメントありがとうございます。

始めから、荒床のゆがみに気が付いていれば、「ネダの下のビスが入る場合に丁度良い厚さの材を挟んで固定する」ことができたと思います。

ブログに書いた通り、一番荒床が膨らんでいる部分で根太を切って、両側から釘で打ちつけました。
根太の上の面を、電気かんなで削り、水平にしようと思っています。
プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード