売り出していた区分が契約なりました。

3月に売りに出した八幡山のワンルームの区分に買付申込が入り、契約をしました。

昨年の11月にローンを払い終わり、その後自分で抵当権の抹消を行い、3月に入り売りに出しました。
昨年9月に東京オリンピックが決まり、不動産価格が上がり、売却に良い時期なので、チャレンジで売ってみたいと思ったからでした。
3月末までの消費税5%の駆け込みで、買付が入るのではと期待したのですが、空振りでした。

4月に入ってからは、熱も冷め、“家賃収入が入っているのだから、売れなかったら、売れなくてもいいか!”と思っていました。
それが5月に入り、仲介業者さんから、いろいろ質問が来始めました。
・入居者の属性
・修繕履歴
・ガス給湯器の年数などです。

それらに答え終わった後、しばらくして、買付申込が入ったとの連絡です。
出し値は、表面利回り8.8%、管理費・修繕積立金を引くと7.1%でした。

買付申込は、出し値より10%弱安い指値です。
さすがにそれはきつい金額です。ガス給湯器が古いので、すぐ取り換えの費用が発生するという理由もありました。
私は間の金額を提示し、これ以上は下げないと言う最低金額も仲介業者さんに伝えておきました。

結局、買付申込者からは、「最低金額で、ガス給湯器を新品に替えてくれれば、購入する。」との返事でした。
私はOKを出しました。おそらくその返事が来ると思っていたからです。
ガス給湯器は施主支給で65,000円くらいでできます。

8年半前に買った時より、20%高い値段での売却です。
インカムゲインも考えれば、そこそこ良い投資でした。

決済、引き渡しは6月下旬の予定です。売却金額が入ったら、繰り上げ返済をする予定です。
少しでも財務内容を良くしたいからです。
先日の川村龍平さんのセミナーを聞いても、それが正解と思いました。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村

不動産投資<br /> の収益物件

target="_blank">不動産投資の健美家














スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード