バス・トイレ分離工事でのセルフリフォーム

現在吉祥寺物件の5月6日に退去した部屋のバス・トイレ分離工事をしています。
業者さんに任せるところが大半なのですが、自分でできるところは、自分でやり、費用を落としています。

3点ユニットの便器を撤去し、隣の物入れに新設トイレを造ります。

バストイレ分離トイレ

新設トイレの場所です。
業者さんと相談し、ここの床と壁は私がやることにしました。
業者さんは、下請けの表具屋さんを使うことがなくなりますので、工事代が下がります。

バストイレ分離トイレ床接着剤

床を拭き掃除し、CFの接着剤をまんべんなく塗りました。

バストイレ分離トイレ床CF

先日のブログで書きましたが、広告紙を使って形紙を作り、それを裏返してCFの裏に置き、マジックインキでかたどりし、切り抜いて、接着剤の上に置き、貼り付けます。
どうでしょう? かなりおしゃれな床になりましたよね。

バストイレ分離トイレアクセントクロス

正面の壁には、床と同系色のクロスをネットで選んで買いました。

バストイレ分離トイレ完成

天井と両脇の壁には、オーソドックスな白い壁紙を貼りました。
床と壁の間に、ソフト巾木を貼って完成です。

あとは業者さんによる便器とタンクの取付です。
早く内見できる状態にしたいです。
そして、入居者を決めたいです。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村

不動産投資<br /> の収益物件

target="_blank">不動産投資の健美家












スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード