野立ての太陽光発電を検討!

昨年の6月に野立ての太陽光発電のセミナーを聞き、“これって、イイのでは”と翌日現地に見学に行きました。
私はかなり田舎の山の斜面を予想していたのですが、意外や意外! 甲府の住宅地でした。

50kw以下の低電圧は、産地産消しなければいけないそうなので、かえって人がたくさん住んでいるところが良いとのことでした。いずれにしても、かなり買う気満々で、税理士事務所の担当者に相談したところ・・・

まず太陽光事業の最大のメリットは
①特別償却等による減価償却を早期的に計上することで、他の所得と合算し所得の軽減を図る。
②現状固定売電料が決められているので、不動産投資として、安定的な収入が見込める。
③売電料が下がりつつあるのに対し、設置コストも下がっている為、利回りがさほど大きく減少しない。

ただし、デメリットとしては
①賃貸物件とは違い資産が残らない。
②ランニングコストなど長期的な動きを想定してのコストが不透明である。
③管理業者と設置~撤去までの間つながりを持たなければならない為、業者が倒産等の不測の事態が起きた時のリスクが大きい

そして、私に関しては、個人も法人も節税効果が図れているので、地代、管理費を引いた利回り9%強とその他のデメリットを鑑みて判断されるべきと思いますとのことなので、う~む・・・

結局ふんぎりがつかず、見送ってしまいました。
ところが、12月締めの個人の確定申告で、かなりの税金を払ってしまったではないですか!

すごく後悔しました。でも、自分の責任です。
そして、再び野立て太陽光発電の購入を検討したところ、もうほとんど売り切れて、どこの業者も50KW以下の低電圧の販売を行っていません。そして買い取り料金は当然のごとく32円/kw+消費税です。

6月24日、25日の賃貸フェアで展示を回ってみると、太陽光発電の会社が4社ほどあり、それぞれ話を聞いてみると・・・
2社で野立て太陽光発電の販売をしており、何と!1社はまだ36円+消費税の権利のものでした。

一昨日の6月29日に説明会があったので、出席し、その場で申込をしました。
場所はかなり遠方ですが、そのために借地料が安いので、実質利回りは高いです。
融資の申込をして、現地の見学をして、最終的に決断をしたいと思います。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村

不動産投資<br /> の収益物件

target="_blank">不動産投資の健美家












スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード