退去者が置いていった物

国分寺物件は9月14日、23日、25日と連続して退去がありました。

不法廃棄

そのうちの一人は、衣装ケースをこのように置いて行ってしまいました。
当然、ゴミの回収業者は持って行ってくれず、レッドカードのシールが貼ってありました。

誰だかは分かっているのですが、
「戻ってきて、粗大ごみの処分手続きをしなさい!」と言うのも、こちらがエネルギーを使い、いろいろ面倒です。
なので、私が粗大ごみセンターに電話し、回収のお願いをし、有料シールをセブンイレブンで買って、貼っておきました。
敷金精算の際、もちろん処分代を請求します。

その人はさらに、燃えるごみ、燃えないゴミを大きなビニールに入れて、ゴミ置き場に置いていました。
国分寺市の有料ゴミ袋に入れないと、これらも持って行ってもらえません。
こういうことをする人は、お分かりかと思いますが、いつも家賃の支払いが遅く、催促が大変でした。

さて、もう1人の退去した人ですが・・・

残置物洗濯機他

事前に連絡してきて、
「洗濯機、電子レンジ、トースターは新しいので、もし次の方がお使いになるなら、置いて行こうと思うのですが、いかがでしょうか?」

私は、置いて行ってもらうようお願いしました。
次の入居者の方がそれらを持ってなく、そのまま使ってくれれば、その方の支出が抑えられますし、環境にも良いです。

残置物ごみ箱

退去の立ち会いの際に、
「ゴミ箱も新しいのでどうでしょう?」
と置いてあったので、これも置いて行ってくれるよう頼みました。

残置物ラックb

さらにラックや火消し剤等も置いて行ったもらいました。
次の入居者の方が、使わない場合は、この物件の地下倉庫にしまえるので、大した面倒ではありません。

この退去者の方は、「お世話になったお礼に」と、
“ありがとうございました”と書かれたのしが貼られたお菓子を下さいました。
こういう退去は大家として本当にうれしいです。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード