吉祥寺の閑静な住宅街に姿を現した建物は・・・

吉祥寺の閑静な住宅街で、平屋の民家の密林と化した庭の木が2年前の6月に伐採されました。その後、その老朽化した民家は解体され、ようやく昨年末に建物の建設が始まりました。




吉祥寺RCアパート以前
(写真はかなり伐採した後です。それ以前は民家が見えないほど木と竹が生い茂っていました。)

地下を掘り、鉄筋コンクリートでの建設が始まりました。
ところが、今年の春ごろ工事がストップし、2,3か月中断していました。
1階のコンクリートから伸びた鉄筋がすごく錆びてしまっていて、工事の継続ができるのかと人ごとながら心配していました。

するとその後、近隣の家にチラシが配られ、その建物の完成予定が6月末から10月末に伸びたとのお知らせがされました。
その理由は建築の変更と、人員不足とのことでした。
当初の予算より、すごく建築費が上がッてしまうんだろうなと、また心配してしまいました。

吉祥寺RCアパート全景

数日前にようやく建物のほぼ完成した全景が姿を現しました。
ガラスが多く使われ、しゃれた外観です。

吉祥寺RCアパート地下階段

地下への階段が、中央に伸びています。
う~ん、その家の家族は、家に入るのに面倒くさいのではと思い、建物の裏を見てみると・・・

吉祥寺RCアパート裏

ビックリです。玄関ドアがいくつもあるじゃないですか! てっきり普通の住宅と思っていたのですが、アパートだったんですね。
建築主は以前住んでいた年配の方と同じ苗字ですので、ご子息なのではと勝手に思っていました。
全てアパートとして貸すのか? 賃貸併用住宅なのか?
よくよく見ると、1階の右側にドアがあり、それがオーナーの自宅用玄関の気もします。
いずれにしても、土地はあったとは言え、建蔽率・容積率が40%・80%のところで、地下を掘っての新築RCアパートの利回りは高くないと思われます。

吉祥寺RCアパートベランダ3

ベランダは正面がメッシュの金属板で下まで伸びていて、デザインに凝っていることが分かるのですが、両脇はバーだけで、ガラスも付いていません。これから付けるのか? 丸いバーなので、付けようがない気がします。
道の方に向いている奥のベランダもバーだけです。
大人は大丈夫でしょうが、子供には危ない気がするのですが・・・

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却
2017年、コインランドリーを練馬区関町南に開業。八王子1棟物件を売却。西新宿の土地を外国人旅行者向けの宿泊所兼社宅の建設用地として購入。

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード