東急通りの一等地にできたもの

へーベルハウス東急裏

東急百貨店吉祥寺店の脇の東急通り(正式には大正通り)をチョット入ったところの古い建物が壊され、何ができるんだろうと楽しみにしていました。

へーベルプラザ吉祥寺横入口2


すると、何やらアパートらしきものが出来上がってきました。
“こんな超一等地にアパートはもったいない。絶対に店舗でしょ!”と思っていたら、完成したのは・・・

へーベルプラザ吉祥寺

何と! ハウスメーカーの店舗じゃないですか!
こんな繁華街の路面に見たことありません。普通はビルの中にあるのではと思います。
2階以上はへーベルハウスのアパートです。

へーベルプラザ吉祥寺説明文

店舗の入り口にはこれらの文章が書かれています。
自宅建設ではなく、来年の相続税の増税に対応しての賃貸住宅建設の需要増加に合わせての相談窓口ですね。
もちろんそれが、実際の建設、さらには30年一括借り上げのサブリース、メンテナンスと商売が続くわけです。

住みたい街No.1の吉祥寺の富裕層を狙っての店舗の開設なのは明らかです。

今日の日経新聞に、積水ハウスの純利益が前年同月比10%増の561億円で、2~10月期として過去最高益と書かれていました。その要因は賃貸住宅が17%増の2850億円と増えたことによるそうです。
そして、賃貸住宅の1棟の平均単価は6847万円で、14年1月期に比べ716万円も上がったとのことです。

そんなに賃貸住宅が増えるのは、すでに大家の私たちにとっては大きな脅威です。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード