CADをかじりました。

マンションリフォームの勉強をしています。
座学では建築の基礎からマンション管理などで、実技では電気、配管、壁・天井・床の作成、下地処理、クロス貼りなどを習いました。
独学ですでにかなりのことを行っていましたが、正式に基本から高度な技術まで教わると、知らなかったこと、気づかなかったことが多いのに、新たな驚きの連続で、とても楽しい勉強です。

ところが最近教わっているこれは、全くやったことがなかったことですし、訳が分からず、苦戦の連続です。
それは、CAD(computer aided design= コンピュータを用いての設計)です。

使っているソフトはJWCADと呼ばれる無料ソフトで、日本人が開発し、CADとしては簡単といわれているのですが、先生の説明に全くついていけません。

まず戸惑ったのは、左クリックと右クリックでやることが全然違うことです。
そして、線や寸法などの設定、構造線や設備・寸法・文字など書くものにより変える画面など面食らうことばかりでした。
作業操作として、「2線」「連線」「複線」「伸縮」「面取」「ハッチ」「パラメ」「属性変更」・・・
いったいこれらは何なんだ!?

半日やっていると、頭が痛くなってきます。ITセンスが全くないのを自覚せざるを得ません。
おまけに老眼で、PC画面の細かい線を見続けているので、ものすごく疲れます。

CAD2.jpg

もう投げ出したくなったのですが、トータル4日間くらいの授業の末、本日ダイニングキッチン、バス、トイレ、洗面の設計図を完成することができました。

CAD.jpg

平面図に加え、2方向からの立面図と仕上表も書きました。
先生と仲間に手伝ってもらいながらようやくの完成ですが、スッゴクうれしいです。

よくぞこれほどの設計図をPCで書くことができたもんだと、我ながら感心しています。
額に入れて飾っておきたい気持ちです。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード