2014年のNISAを検証

このブログでNISAを家族で購入したのを書いたことで、ある新聞社から取材を受けました。
そんなこともあり、私と娘が9月に買った投資信託と、妻が11月に買ったJリートが年末にどうなったのか調べておかなくてはと思っていました。

私が買ったのはその時ダントツの人気No.1「野村ドイチェ高配当インフラ関連株投信(米ドルコース)年2回決算型」です。
購入した9/12の基準価額が21,644円だったのが、年末の12/30は24,018円なので多少上がりました。
100万円目いっぱい買ったので、評価益が69,227円でした。
でも購入時の手数料が34,547円と高かったのには驚きましたし、ちょっと痛いです。

娘が買ったのは「JPMザ・ジャパン」というJPモルガンがピックアップした日本株の投信で、毎月均等に積立するるいとうにしました。なので、価格に一喜一憂する必要はないのですが、積立した10/1、11/4、12/1の基準価額はそれぞれ43,388円、44,159円、44,620円で、12/30の評価損が19,091円でした。
これも手数料が3%強と高いです。

妻が買ったのは「野村不動産オフィスファンド投資法人投資証券」なのですが、調べてみてビックリ! 
購入した11/12の株価は473,500円、12/30は何と! 595,000円と、25.7%アップ。2株購入したので、+243,000円です。
これは手数料も安く、1.2%でした。

野村不動産オフィスファンド日足141230

日足を見てみるとまさに買ってからうなぎのぼりです。
このJリートを買うに当たっては、大家さん仲間で、かつて外資系金融機関に勤めていたのSさんのアドバイスを受けました。Sさんの分析力素晴らしいです。感謝です。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード