築40年のRCのリフォームを見学(その3)

このマンションは約40年前に、賃貸用として建てられているので、今の分譲マンションと違うところがあります。

築40年天井配管

上の写真は廊下の天井なのですが、鋼管が2本あります。
1本はかなり前に使わなくなったそうですが、1本はベランダの洗濯機用としてつい最近まで使っていた給水管です。
そして、その給水管は、壁を通って床の下に行き、スラブ(階と階の間のコンクリ)の中に埋まっているのです。

今のRCマンションは、床が支え金具などで上げられ、それとスラブの間に給排水管が設置されているのですが、この築40年のマンションはと言うと・・・

築40年均しモルタル

上は、LDKのリフォーム途中の床です。
暗いのでわかりにくいですが、右は以前のフロアカーペットのままです。左はフロアカーペットをはがし、合板を張ってあります。
その間は、フロアカーペットをはがしたままの状態なのですが、それはスラブの上に流された“均し(ならし)モルタル”なのです。
つまり、この住居の床のすぐ下はスラブで、隙間がないのです。

築40年浴室配管

前回のブログに載せた写真ですが、浴室と洗濯機の排水管は合流して、左奥に行き、コンクリの中に入っていきます。
左手前の、以前はキッチンで、今度は洗面台の排水管になるのも、やはりコンクリの中に入っていきます。

このコンクリの下は、下の階の天井裏なのです。
こういうやり方は、今ではまずありません。
もし、この排水管が水漏れを起こしたら、下の階の住居に入らないと修理ができないのです。そこの入居者はたまったものではありません。

築40年排気ダクト

浴室の天井には今までの排気ダクトが垂れ下がっています。
(この階は最上階なので、上の階の排水管がありません。)
左は浴室用、右はトイレ用です。そして真ん中の金属に囲われた四角い筒の中にはキッチン用排気ダクトが入っているはずです。
キッチンは単独、出来れば浴室も単独が良いという、学校で教えられたとおりの理想の排気ダクトです。

築40年耐震補強

1階の掃き出し窓の外には、このように耐震補強のブレースが設置されています。
そうです。1981年の新耐震以前の建設で、鉄筋の量が少ないため、地震に弱く、現状不適格なのです。

学校や役所、商業施設などでは、よく見かける耐震補強ですが、住居専用では初めて見ました。
でも、入居者の方々の安全安心のために、できればやっておきたいことですね。
<次回は、完成アフターを見学する1月末か2月初めになります。>

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村








スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード