区分でバス・トイレ分離工事

中野物件は、9年前に購入した区分のワンルームです。
6月にローンが完済しますので、昨今の不動産価格の高騰からそろそろ売却しようかと思っていました。

ところが3月下旬に退去の連絡が入りました。9年間ずっと住んでいた30代の男性からで、結婚による転居でした。
退去後を見て、すぐに入居者募集をしようと、部屋に入ったところ・・・

窓方向

意外と広いじゃないですか。延床面積21.59㎡ですが、洋室の長さが6m以上もあります。

三点ユニット

3点ユニットも160㎝×120㎝と広めです。

物入れ

そして、3点ユニットの隣にはこんな立派な物入れがあります。

すぐにピンときました。
これはすごくバス・トイレ分離工事をやりやすい造りだと!
いつも工事を発注している業者さんに連絡をして、見てもらったところ、案の定、問題なく出来るでしょうとのことでした。

今まで、15戸のバス・トイレ分離工事をしていますが、それらはすべて一棟で所有していましたので、何の支障もなく工事を行うことが出来ました。
今回は初めての区分です。理事長への工事の申請、理事会での承認、管理会社への連絡等、いろいろな手続きが必要です。

しかし、それらの手続きは、非常に順調に行うことができました。
さらには、各戸への工事のお手紙と、掲示板へのお知らせの貼付は私自身で行いました。
なぜこんなに順調に行ったかと言うと・・・

私がこのマンションの理事長だからです。
工事は来週から始められます。

クロス、クッションフロア貼りなどは自分で行います。
そして、中野の不動産仲介業者さんを開拓して、入居者募集をお願いします。

売却するかしないかは、入居者の獲得状況、家賃金額などの様子を見てから決めることにします。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却
2017年、コインランドリーを練馬区関町南に開業。八王子1棟物件を売却。西新宿の土地を外国人旅行者向けの宿泊所兼社宅の建設用地として購入。

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード