ゴルフ場と太陽光発電

5月25日の日経新聞の特集で、「ゴルフのプレー人口36%減」の記事が載っていました。

ゴルフ場統計

上が見出しの表と頭書きなのですが、中の記事を読むと、1992年のピーク時はゴルフ参加人口は1480万人だったのが、2013年は860万人の42%の減と、見出し以上の落ち込みです。

その落ち込みの最大の原因は若者のゴルフ離れとのことで、年齢別構成比が見事にそれを表しています。
実は昨日26日も妻とゴルフ場に行ったのですが、平日ということもありますが、ほぼ全員が50歳台以上でした。

私がゴルフを始めた30年以上前は、電動カートはありませんでしたので、自分かキャディさんがカートを引っ張り、コースをすべて歩いたものです。
今は、すべてのゴルフ場が電動カートだと思います。これは実に中高年のスポーツにふさわしいです。

私も十分中高年ですが、カートに乗るのは運動にならないし、ゴルフのリズムにも良くないので、出来るだけカートには乗らないで、歩くようにしています。

市場規模は、ピーク時から半減し、9010億円。
会員権相場平均値は、ピーク時の4388万円から何と! 1/30の145万円。
2011年ころから経営破たんするゴルフ場が相次ぎ、この5年間で約100カ所が閉鎖。

ゴルフ場太陽光パネル

そして、そのうち59カ所がメガの太陽光発電になったそうです。
写真は福島県須賀川市で、10万枚以上の太陽光パネルが設置されているそうです。
実に壮観ですね。

私は20年くらい前から去年までゴルフをやめています。
土日祝しかプレーできなかったので、3万円くらいしたと思います。若いころはその値段の割には面白くないと思ったものです。

今は平日にプレーでき、1万円以下なので、実にありがたく、結構面白いと思い始めてきました。
太陽光への転用も悪くないですが、やはり、若い人もどんどんゴルフをやり、ゴルフ場がにぎわった方がいいですね。
(プレー代は上がって欲しくないですが・・・)

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード