募集物件の床面積

7月初めに退去になる八王子物件の入居者募集のための間取図をPDF化する際、ふと床面積を測り直してみようと思いました。

実は他の物件で、前のオーナーからの間取り図では55㎡、40㎡とピッタリの床面積で、大手の仲介業者さんから、建築図面の提出を求められ、計算し直されたことがありました。

八王子物件は、今まで前のオーナーからの床面積の数字をそのまま提出していたので、自分でちゃんと確認しなければと思ったのでした。

八王子床面積はじめ

前のオーナーからの間取りに、わかりやすく号室と床面積を直接記入したものです。

八王子床面積確認

建築図面です。わかりにくいですが、細かく寸法が記入されています。
今回の募集は201号室なのですが、全部の部屋の床面積を計算してみました。
そうしたら何と! 201・301号室だけが違っていました。

八王子床面積201直し

当初より1.05㎡大きかったのです。早速直しました。
また、仲介業者さんからはよく「何帖ですか?」と聞かれるので、玄関、浴室、トイレ、クロ-ゼット等を引き、1.65㎡で割って出しました。
自分の物件の床面積をちゃんと把握しておくことは大切です。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード