主婦が幸せに暮らせる街

ヤフーニュースで、新宿が東京の繁華街の中で盛り返してきているという記事を見ていたら、「主婦が幸せに暮らせる街ランキング」という題名のタグが出てきました。
興味を惹かれクリックしたところ・・・

学研パブリッシングは、全国の20~40代の主婦4793人を対象に実施した調査。
日常生活における幸せ度を聞き、「暮らし」「家族」「お金」「食事・健康」「モノ・趣味」の5つの指標で点数化(Happy Quality=HQ指数)。
▼調査方法:インターネット調査▼調査対象:20歳~49歳の主婦▼ 対象都市と人数:104都市4793名
とのことで、順位は以下の通りでした。

主婦が幸せに住める街

スッゴクうれしいです。
1位の藤沢市は、私が3才から30代で結婚するまで暮らした街なのです。
今でも母が住んでいます。

★「郊外型ハピネス」現象
上位に入った街の特徴は、全国規模で郊外で自分らしい暮らし方を楽しむ形「郊外型ハピネス」現象とのことです。
北海道・東北エリアでは青森県「三沢市」(116.5)が、中部エリアでは静岡県「菊川市」(111.1)が第1位に、中国エリアでは広島県「福山市」(112.5)が、九州・沖縄エリアでは沖縄県「豊見城市」(110.6)が第2位という結果です。

主婦にとってなぜ「郊外」が幸せなのか?というと・・・

■経済的な豊かさよりも気持ちの豊かさ
早稲田大学、社会科学総合学術院の野口智雄氏は、「バブルのような熱狂的な消費の時代が過ぎ去ってから、環境を求めながらも先端消費をする、好きなものにこだわったメリハリのある消費をするなど、消費動向が変化している」と分析。その結果、都心至上主義から脱却し、郊外で自分らしい暮らし方を楽しむ「郊外型ハピネス」が求められるようになったと考えている。

■自然・歴史・文教…文化度が高い
上位の藤沢市、稲城市、西宮市には、「自然が身近」「歴史がある」「学校などが多い文教地区」といった共通点がある。身近な自然は人に安らぎを与え、歴史は街の品位を表し、文教地区は子どもの教育に適していると野口智雄氏は指摘する。

■ショッピングの充実もプラス
上位の都市にはまた、郊外でありながら「交通アクセスがよい」「ショッピングが充実している」といった共通点も。野口氏は「従来、買い物は、家庭の主婦が毎日近所のスーパーにひとりで行くのが一般的と考えられていたが、現在は週末に家族で郊外のモールなどに出かけまとめ買いをするのが、ごくあたりまえになっている」という。

■「買い物が家族のレジャー」
野口智雄氏は、売り手が「買い物にエンターテインメント性を付加し、買い物を家族のレジャーとして位置づけたことも大きな要因」と分析。買い物のついでに食事や映画が楽しめるだけでなく、スポーツもゲームもカルチャーも、それぞれ別の場所に出かけるのではなく、ひとつのモールの中で完結するワンストップ性も家族にとっては大きな魅力という。

確かに藤沢市は藤沢駅の周辺は商店街が充実し、辻堂駅前には大型ショッピングセンター「湘南テラスモール」があります。

ただ、主婦であった私の母は、バブル崩壊後郊外型ハピネスになる前に子供たちが独立してしまい、藤沢に住むのが早すぎたようで、申し訳ない感じです。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード