入居者に代わりガス給湯器交換工事に立合い

「お湯が出ません!」との電話を9月5日に入居者の方から頂きました。
早速、ガス給湯器の故障でいつも頼んでいる業者さんに電話をして、入居者の方と連絡を取り、見に行ってもらうよう依頼しました。

その入居者の方は、サラリーマンをしながらミュージシャンをしており、忙しいため、ようやく1週間後くらいに業者さんは見に行きました。その結果、給湯器が古いため、もう部品がなく交換することになったのですが、その交換工事に入居者の方は当分日程調整がつかないとのことで、
「大家さん、代わりに立会ってもらえないでしょうか?」との依頼を受けました。

ビックリしました。入居者の方がいないのに、部屋に入ったことはありません。
しかし、ガス給湯器を換えないことには、入居者の方は夜遅く帰ってきても、お風呂に入ることができません。
大家として、快適な住環境の提供をする必要がありますので、立会うことを受け入れました。

業者さんがベランダのガス給湯器の交換工事をしている2時間半、私はその住居の椅子に座り、新聞を読んだり、スマホを見たりしていました。
もちろん部屋の中の様子も目に入ってしまいます。

この住居は1DKで、ダイニングキッチンとリビングの2部屋あるのですが、どちらにも壁板が取り付けられています。
でも私が大家になる前は、フックが取付けられてなく、入居者は壁板を利用していないようでした。
そのような場合、私は必ずフックを取付けます。入居者の方は遠慮して、クギなどを打たないからです。

リビングの壁板のフックには大型薄型テレビと2本のギターがひっかけられていました。
文字通り壁掛けテレビで、私が予想していた以上の利用法です。
ダイニングキッチンの方も、バッグなどをひっかけ、すごく利用してくれていて、とてもうれしくなりました。

ガス給湯器301号室

ガス給湯器も、古い大きなものから、

ガス給湯器301号室交換後

コンパクトなものに代わり、すっきりです。
工事が完了したメールを送ると、すぐにありがとうございますの返事が来て、大家として良い気分になりました。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード