屋上防水工事進行中

CATV導入の下見で発見された吉祥寺物件の屋上防水の劣化ですが、11月13日から工事に取り掛かってもらっています。
駒沢大学物件の屋外階段の塗装、そして国分寺物件の外壁の水漏れ、自宅の外壁・屋根の塗装などを行ってもらった懇意の防水塗装業者さんです。

見てもらった初日は、防水シートの上に水たまりが残り、さらにその下にジャブジャブに水が入っている状態に業者さんもビックリしていました。

屋上防水工事初日

とりあえず、水たまりの水をブラシで排水口に流し、

屋上防水工事初日2

さらに、シートの下の水は、排水口の近くのシートを切り、ブラシで押し出すと、無限に水がわき出てきました。

18日に工事を見に行くと、その日は雨が降ったばかりで、業者さんが来ていませんでしたが、

屋上防水工事剥がした後

ほとんどのシートとその下のクッション材を剥がして、撤去してありました。
赤っぽくなっているのは、水がずっと溜まっていたので、水垢なのでしょうか?

屋上防水工事古い断面2

断面はこんな感じだったんですね。
リフォームの学校で、ベニヤの上で模擬のウレタン防水塗装を行い、さらには座学で屋上防水の種類なども教わったのですが、こんなやり方は教わりませんでした。
クッション材は、実は断熱材で、最上階が熱くなりすぎないために入れたのではと思われます。

屋上防水工事剥がした後水

しかし、よくよく見ると、マズいことがあります。
左側に排水口があり、右側は高くなっているはずですが、全く傾斜がないようで、均等に水たまりができています。
これだと水が、はけないわけです。

本日22日にまた見に行くと、今度は業者さん親子が作業をしていました。

屋上防水工事下地塗り

全てのシートとクッション材を撤去し、下地を塗っているところでした。
今度は水はけを良くするために、排水口から遠い部分は、下地を厚く塗って傾斜をつけるとのことです。

工事途中を見ることは、物件の構造を知る上でもとても勉強になりますので、これからも時々見学しようと思います。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード