玄関のチャイム

築39年軽量鉄骨の新所沢物件は、空室をリフォームして、募集を始めて1年以上たちます。
その間、2回の家賃の値下げをし、入居申込みも3回くらい頂きましたが、キャンセルなり、家賃保証会社が通らなかったりで、入居に至りませんでした。
今回は12月中旬に入居申込みが入り、どうやら契約も確実になったので、最後の仕上げをしてきました。

当初は12月21日入居予定で、その時は3つの仕上げをしていませんでした。
1.室内に新たに設置した洗濯機置き場の水栓の取付けが弱く、ネジがグラグラする。
2.おそらく竣工して以来39年間取り替えていなかったキーシリンダーの取り換え。
3.玄関のチャイムが鳴らない。

1と2は、昨年のうちに済ませました。

水栓

水栓はちょっと引っ張るとネジが抜けてしまうので、

水栓トグラ

壁の裏側で支えが広がるネジ受けのトグラーを打ち込みました。それにネジをしてバッチリ固定できました。

キーシリンダー旧内側

キーシリンダーは、内と外のドアノブと、内のサムターンなどがすべて一体になっているので、取り換えは結構手間取りました。

チャイム外ボタン旧
チャイム中ベル旧

さて、3.の玄関のチャイムなのですがは、室内の機器は、電池式です。
ただ電池を買えても、チャイムが鳴りません。おそらくこの機器が壊れているのだろうと思いました。

チャイム内ベル

物件近くの島忠ホームセンターに行くと、室内の機器だけを1480円で売っていたので、これは安いと買って、取り付けたものの、鳴りません。

実はいろいろ調査していて、チャイムだけだったら、今の主流は無線で、それを取り付ければ簡単なことはわかっていました。
しかしせっかく、室外のボタンと室内のチャイムが壁内の電線でつながれているので、これをなくさないで、なんとか利用したいと思っていたのでした。

チャイム外ボタン新
チャイム中ベル新

ただ、この感じだと壁内の電線が不通になっている可能性があるので、さすがに内も外も新しい無線の物をつけることにしました。

せっかく苦労してチャイムを付けましたが、実はチャイムを取替え、鳴るようにしても、入居者の人は鳴るのを嫌がり、外してしまうのではと恐れていました。

でもこの新しい室内ベルにはスイッチの切替えがあり、音が大、小、切の3通りができるのです。
これだと、チャイムが鳴るのが嫌な人は、切にしておけばよいので、やはり付けておいて良かったと思います。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

comment

Secret

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード