確定申告後の税理士さんとの面談

昨日4月11日に、私と妻の確定申告書・総勘定元帳・提出した資料を受け取りがてら、税理士事務所に行き、所長と私の担当の方から、以下の報告とアドバイスを受けてきました。

1.平成27年度の確定申告の総括

結論から言うと、ほぼ満室をキープできましたし、私も妻も税金が還付され、まずまずの決算内容でした。(予定納税をしていたからですが)
私は前年の1月にサラリーマンを退職し、この年の3月にリフォーム学校を卒業し、4月に法人の代表取締役になり、役員賞与をもらい始めました。なので、給与所得は増えたものの、不動産必要経費で、吉祥寺物件の屋上防水工事があり、不動産所得が減ったりしました。

2.すでに始まっている平成28年度の確定申告の対策

27年の際も、ふるさと納税をすべきか税理士さんに相談したのですが、それほどのメリットはないとのことで見送っていたのですが、その相談をした直後に、住民税のおよそ1割程度だった還付、控除額が2割程度に拡大したこともあり、今年は私と妻が二人とも10万円程度のふるさと納税をする予定です。
以前から妻はふるさと納税で食べ物を欲しいと言っていたので、これから選ぶのが楽しみです。

そして、401kもやる予定です。企業年金を導入しない企業の従業員が加入出来るもので、月額23,000円に過ぎませんが、所得から差し引かれる金額になります。

3.6月に締める第8期の法人の決算に対しての対策

太陽光発電を購入したので、その減価償却が今期から発生します。17年で行います。
それで、十分でない場合は、経営セーフティ共済に入るということになりました。

そのために、事前におおよその決算数字をまとめなければならないので、今までの領収書・銀行通帳のコピー、家賃収入表をできるだけ早く出してくださいとのことです。頑張ります!

4.その他

税理士さんには事業のすべてと、投資に関してなども相談します。
新しく始めている事業のことや、太陽光発電のトラブルの対策、消防署からの指摘による自動火災報知設備の導入などのことを話しました。

投資に関しては、今回は家族3人のNISAくらいで特にないのですが、前年相談した投資で所長の的確なアドバイスをもらっていました。
今後間違いなく伸びる事業への投資で、興味がありました。しかし、所長の意見は的確にその投資の欠点をついており、実は私もそれらの点には不安を感じていたので見送りました。その会社はその後倒産したので、税理士さんとの相談は本当にありがたいものでした。

今後も税理士さんとは親しい関係を続けていきたいたいと思います。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード