自動火災報知設備導入完了!

地下1階に新しい飲食店が入居し、消防署に届け出を出したところ、自動火災報知設備の導入をしなくてはならないビルだと発覚した駒沢大学物件ですが、設備の導入が完了しました。

工事業者さんが、4月初めに消防署に設置届出書を提出し、4月14日に消防署の検査を行ってもらい、手続きも完了しました。

地下1階から5階の各戸の原則全部屋に、熱感知器・ベル、煙感知器を設置しました。

自動火災報知設備各階

そして各階の廊下等に、火災警報器・ランプなどがついた総合盤を設置しました。

自動火災報知設備受信盤

メインの機器である受信機をどこにつけるのか迷ったのですが、雨に当たることなく、内部の人間しか触らないだろうと地下1階の廊下に設置しました。

設備はこれで完了したわけですが、今後の課題は設備の運用です。
万が一火災が発生した時は、感知器や、発見した人が警報器を鳴らすことにより、ベルを鳴らし、迅速な火災発生の知らせにより、避難を即すことが出来ます。

ところが、誤反応や、いたずらで警報器を鳴らされた場合は非常に困りものです。
すでに吉祥寺物件で起こってしまい、店舗の人が受信機を操作し、ベルだけは止めましたが、警報器のスイッチは元に戻ってなく、受信機は火災発生のランプがついたままでした。

自動火災報知設備説明書

受信機の上に、操作の説明書が置かれています。
警備会社と契約して、受信機に火災の表示が出て、ベルが鳴ると、近くの拠点から警備員が駆け付けるサービスを検討しています。それでも来るまでには10分、15分かかるようです。

いたずら、誤反応で、明らかに火災でない場合に、その間ベルが鳴りっぱなしでは大変です。
全テナント、入居者の方に、操作方法の説明書を渡し、操作方法をレクチャーしようと思います。
設備導入後のこれからが本番です。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード