屋根載せ太陽光発電の点検

3,4日前、突然携帯電話が鳴り、
「お客様の物件の屋上に太陽光発電を取り付けた・・社です。今八王子にいるのですが、点検にお伺いしてよろしいでしょうか?」

現在ちょうど、トラブル続きの千葉の野立て太陽光発電のメンテナンス会社を選定しているところでしたので、是非とも点検してほしいところでしたが、八王子物件は屋上塔のドアのカギを開けないと、屋上に出れないので、今日の11時で点検してもらうことになりました。

現地で、係りの人と待ち合わせをし、まず、1階の入口上に設置されたパワーコンディショナーの表示切替ボタンを押し、今まで一度も売電がストップしたことがないことを確認しました。ふたを開けパワコン中の異常がないことを確認。

そして屋上に行き、モジュール(太陽光パネル)の目視、及び触って接続が緩んでいないかの点検をしました。
一番下にホコリがたまっているので、
「今水洗いして良いですか?」と聞くと、
「太陽が照っている時それをすると、水のカルキがモジュールの表面について、発電量を落とすことになりますので、水洗いは曇りか雨の時するのが良いです。」とのことでした。

そして、集電ボックスを開けての、電圧(電流?後日調査書が届きます)検査をしました。
八王子物件の場合14枚と少ないので、5、5、4枚の3系統に分かれており、それぞれの現在の電圧と、スイッチを切っての電圧を測り、正常な数値でした。

屋上太陽光発電

国分寺物件の屋上も同じ会社に設置してもらっており、そこはカギなしでも屋上に登れるので、後で点検に行ってくれるそうです。

4年前に設置した2つの太陽光発電ですが、予定より半年から1年も売電が遅れ、ひどい会社に当たってしまったと思ったものですが、ちゃんと点検に来てくれ、今は屋根載せ太陽光発電の需要も減り、その会社の業務に余裕が出てきたようです。
(と言うか、点検で破損や不具合が見つかった場合の新たな業務の発生もあるんだと思います。)

点検してもらい、ふと“そういえば最近売電額をチェックしていないな。”と思い、家に帰り、通帳に入金された八王子物件の売電額を調べてみると・・・
・平成25年6月~平成26年5月:158,004円
・平成26年6月~平成27年5月:153,594円
・平成27年6月~平成28年5月:146,034円

昼間発電しているときは、共有部分の照明などに使われるので、単純には比較できないのですが、年々下がっていますね。
う~む、設備の劣化なのか? 係りの人に明日でも聞いてみたいと思います。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード