豊川稲荷東京別院

赤坂見附の物件を見学してもらった際は、すぐ近くにある豊川稲荷に連れて行って案内することにしています。

豊川稲荷入口

正式には、豊川稲荷東京別院であり、愛知県豊川市の豊川稲荷 妙厳寺の、飛び地境内です。
三河出身の大岡越前が豊川稲荷を勧請し、屋敷稲荷として自邸で祀ったのを由来とし、その後、文政11年(1828年)、信徒の要望により、妙厳寺が一ツ木の大岡邸の敷地の内、4分の1(約250坪)を借り受け、豊川稲荷の江戸参詣所を建立したのが、東京別院の創建とされるとのことです。

豊川稲荷本堂

お稲荷さんですから、本堂の前には狐が祀られています。

豊川稲荷狐塚

狐塚があり、旗がたくさん設置され、非常に趣のある境内です。
そして、私が驚かされたのは、この豊川稲荷の境内に、七福神がすべて祀られていることでした。

豊川稲荷1

豊川稲荷恵比寿尊

豊川稲荷大黒天

豊川稲荷弁財天

豊川稲荷毘沙門天

豊川稲荷布袋尊

豊川稲荷福禄寿尊

豊川稲荷壽老尊

七福神とは離れた神社やお寺を周ることによりお参りするものだとばかり思っていたので、豊川稲荷はすごいお寺さんだ! と感心したのですが、さらにこのお寺にはまだまだ特徴があったのでした。

<次回に続く>

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード