究極の戸建リフォーム物件を見学(その2)

前回アートを感じる物件と書きましたが、それ以外には、リフォームに使われている材料が通常の住居用でない物を多く使っていることも大きな特徴です。

サンタハウス浴室
浴室の洗い場の床は、以前のタイルの床の上に、駅のプラットフォームの床などに使われているポツポツの滑り止めのついている厚いゴム板です。
10年間使っていたのに、ほとんど劣化がありません。

サンタハウス浴室アート

バスタブの上に貼られたタイルの上には、タイルに書かれたフラミンゴの絵が飾られています。

サンタハウス間取り図

各フロアの平面図です。

サンタハウス棚

上は1階の廊下の上の方からEntrance方向の写真です。
右側の棚は、旦那さんの職場で残っていたものをそのままここに使ったそうです。
その向こうのドアは、スーパーの調理場等で使われているものですが、これも旦那さんの職場に残っていたものを持ってきて、設置したとのことです。
この状態は、Storage(納戸)へのドアですが、90度引くと、廊下(更衣室)のドアになるのです。よく考えられています。

サンタハウス洗面台

廊下の左側には洗面台があるのですが、洗面器は流しのようなもので、アームが伸びる拡大鏡も、歯ブラシなどを置く台も実にユニークですが、全体の統一感があり、良いセンスです。

サンタハウス照明スイッチ

そして照明のスイッチは、照明用でないものを、照明用に変えたとのことで、結構大変だったのではと思います。
(つい最近、第二種電気工事士に合格した私が思うに)

サンタハウス玄関下駄箱

玄関の下駄箱は、IKEAの上から靴を突っ込むものですが、12個も並べてあるのは初めてみました。

サンタハウスキッチン全体

キッチンの流し台、レンジ台、調理台、換気扇も一般家庭用でなく、業務用を組み合わせています。

床は、小さな丸いタイルを敷いたものですが、あまり均等になっていません。(失礼!)
でもこれは、オーナーさんご夫婦がすべて敷き詰めたそうで、大変な労力だったそうです。

旦那さんは建築関係のお仕事だそうで、そうでなければここまではできませんね。
ここまで手のかかったリフォームの戸建ては初めてみました。
カティさん、貴重な物件を見せてくださりありがとうございました。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード