東京地裁から「債権差押命令」が来た!

今日、東京地方裁判所民事第21部から特別配送の郵便が届きました。

↓ポチッ! して読んでいただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

裁判所からの郵便を受けるのは生まれて初めてのことです。
なんせ一昨年まで慎ましいサラリーマンとして、清く正しく美しい生活を送っていたのですから・・・

ただ、思い当たることはあります。太陽光発電で、販売した会社が、私たちの太陽光発電設備の設置工事をした会社に代金を払ってなく、いろいろ問題が起こり、同じ区画の私たち7人は地代の支払いを保留しているのです。

封を開けてみると、ホチキス止めされた15枚の書類が入っており「債権差押命令」と書かれております。
ビックリしました。目を通してみると、私たち7人+3人の名前が書かれており、それぞれの差押債権目録として、金額と太陽光発電の住所が書かれています。

何のことか理解できません。じっくり読んでみると、債権者は全く知らない個人で、債務者は太陽光発電の販売会社で、私たち7人+隣の区画の3人が第三債務者となっています。

「債権差押命令とは?」という説明書き1枚が入っており、そこに分かりやすい例が書いてありました。
債権者(お金を貸した人)に、債務者(お大家さん)が、お金を返さないので、債権者は債務者の財産である家賃の差押えを裁判所に申し立て、審査の結果、債権差押命令が出たのです。第三債務者(入居者であるあなた)は、今後原則債務者(大家さん)でなく債権者に家賃を払うのです・・・

う~ん、だいたいわかってきました。
同封されていた債権者が委任している弁護士さんに電話して、具体的内容を聞いてさらによくわかりました。

微妙な問題ですので、あまり詳しくは書けません。(最近書けないことが多いです。)
太陽光発電販売会社との件で、すでに弁護士さんと相談していましたので、この債権差押命令に関しても明後日相談します。

ヒドイ業者に当たると大変ですが、粛々と法律にのっとって対応していきます。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード