広角19㎜を買いました!

大多数の人がそうだと思いますが、私も最近スマホで写真を撮ることが多くなりました。

↓ポチッ! して読んでいただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

ところが大家ですから、所有する部屋の中を取ったり、見学会で外観、室内の写真を多くとったりするのは、やはりデジカメを使います。
今まで使っていたキャノンのIXY220Fは非常に気に入っていたのですが、手荒く扱い、何回か落としたりしたので、だいぶガタが来てしまったので、新しいのを買おうと1か月くらい前から探し始めました。

一番のポイントは広角です。
狭い部屋が広く見えるために重要です。
今までのは25㎜とコンパクトデジカメでは一番広角の物でした。
ところが今は何と! 19㎜が出ているのです。

デジカメ大きさ比較

カシオのHIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000で、超広角19mmレンズ搭載です。
値段は4万円を超え、大きさも今までのより大きいのですが、やはり19㎜の魅力には勝てず、これを買いました。
試しに、狭いところということでトイレを取ってみました。

家のトイレ25㎜
(今までの広角25㎜です。)

家のトイレ19㎜
(新しい広角19㎜です。)
同じ位置からとりましたが、正面の窓を見てください。余裕で上から下までおさまっています。

遠近がもっとわかるように階段の上から下に向かって撮ってみました。

家の階段25㎜
(広角25㎜)

家の階段19㎜
(広角19㎜)
階段の下が全然遠いいです。

デジカメカシオ自撮

広角は、今スマホの写真では当たり前の自撮をするのに大きなメリットとなります。
このようにモニターを立てることが出来、どんな写真になるのかがわかります。

ナルシストでないので、自撮は今まではほとんどしませんでしたが、このカメラではやることになるかもしれません。
いずれにしても、落としたりせず、大切に使いたいと思います。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード