恵比寿の“超高利回り”新築物件を見学(その3)

2階のアパートも入居になってない1部屋だけ見せてもらうことができました。

↓ポチッ! して読んでいただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

恵比寿206部屋全体玄関から

玄関からの写真です。やはり1階の部屋とかなり似ています。

恵比寿206ロフトから

ロフトから下を見た写真です。ロフトに上がった部分の天井は1階よりかなり高いです。
壁に斜めに吊るされている布は、ハンモックです。人が寝るとちゃんと布が開き、包まれるような感じになります。
昼寝をするには最高です。
複数の白いはしごが置かれていますが、ロフトへのはしごは木製にしたので、不用になり一時的に置いているそうです。


恵比寿206キッチン

キッチンです。

恵比寿206トイレ洗面

洗面とトイレです。洗面はワンハンドルでお湯も出ます。コーナータイプで場所を取りません。
ペーパーホルダーの上の台が長くなっていて、歯磨き道具などを置けるようになっています。

恵比寿206浴室

この部屋はシャワー室ではなく、ちゃんとバスタブの浴室です。

恵比寿屋上への階段

さて、2階からはさらに階段が上に延びていて・・・

恵比寿屋上

展望台のような屋上があります。
大家のKさんは、費用の面で屋上をつけようかどうか迷ったそうですが、つけて大正解だったと思います。

この建物のシェアハウス、アパートの半分は外国人、半分は日本人だそうで、入居者間のコミュニケーションがあるはずです。
屋上で都心の景色を見ながら楽しいおしゃべりをするのではと思います。
洗濯物も干せるようになっています。

恵比寿屋上眺め2

ところで、この物件の利回りですが、土地から購入しての新築なのに、何と!超都心では信じられない
驚異の“14%”なのです。

利回りが高いということは、投資額が少なく、売上が大きいということです。
売上が大きいのは、今まででご説明したことからお分かりと思いますが、超都心の人気の恵比寿で、シェアハウスであり、アパートも立体的に空間を有効利用しているから、家賃を高く設定できたわけです。

投資額が少なくて済んだのは、建築費をうまく抑えて建てられたことと、あとは当然土地代ですが・・・

初めKさんが購入したのは敷地延長の再建築不可の古民家だったのです。
それをシェアハウスで運営していたところ、何年か経ち、前の小さな民家が売りに出たのを買うことができ、2つの民家を解体し、一つの土地にし、接道が広がり、再建築可となったのです。
実勢価格からは考えられない破格の値段で土地を仕入れることができたのが、超高利回りの大きな理由だったのです。

全てはKさんの戦略と努力の賜物です。貴重な物件を見せていただきありがとうございました。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却
2017年、コインランドリーを練馬区関町南に開業。八王子1棟物件を売却。西新宿の土地を外国人旅行者向けの宿泊所兼社宅の建設用地として購入。

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード