融資が下りました!

6月23日に契約した土地とそこに新築する建築費の融資を、私のメインバンクと言える信用金庫に申請していました。

↓ポチッ! して読んでいただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

その契約には融資の承認期限が7月21日までと書かれていました。
契約する前から、信用金庫の担当者Aさんに、融資のお願いを伝え、その時点で提出できる資料は、提出していました。
契約後も、建築の見積書や事業収支の精査したものなど、信用金庫から指示された資料はできるだけ早く出していました。

元々予定していた夏休みの旅行が6月27日から7月5日まであったので、ちょっとブランクができてしまったのですが、メールのやり取りで、その穴埋めはできたと思っていました。

旅行から帰り、すぐに信用金庫に行き、Aさんに融資審査の状況をお聞きしたのですが・・・
「実は、私は今月で定年退職なのです。後任は若手のBです。」
とBさんを紹介され、ビックリです。

でもBさんは、前向きで、融資してあげたいとの気持ちがビンビンに伝わり、
「大丈夫です。融資が下りる方向で進んでいます。」と言う感じで、あったかいです。

しかし、以前のブログでも書きましたが、7月12日に2つの追加資料を要求され、1つは税理士さんに作っていただいたのですが、提出できたのは3連休後の7月18日でした。
当初言われていたのは、「7月19日に融資するか否かの返事をします。」でしたが、
私もそれは無理ではと思い、7月21日には間に合うと良いなと思ったのですが・・・

7月20日にAさんから電話があり、「融資承認を1週間延ばしてくれるよう仲介業者に頼んでください。」と言われ、その覚書を仲介業者さんに作ってもらいました。
その際は、「7月26日には結論が出る予定です。」と言われていました。

土日が明けて、24日の月曜日からも、Aさん、Bさんから、複数の質問を受けました。
本部での融資審査が行われていて、本部からの質問とのことです。

実は私が新築の建物で営業する業種は、書けばごく普通の業種なのですが、私のようなやり方の事業にその信用金庫が融資をするのは初めてとのことなのです。

昨日26日はソワソワして返事を待っていたのですが、いつまで待ってもないので、夕方7時近くに私の方から電話をすると
「融資審査は、本部で最後の段階に来ていますが、今日決裁が下りるかは難しそうです。」とのことで、昨日は悶々とした気持ちでベッドに入るに至りました。

今朝、10時近くにごみを出そうと玄関にいると、ピンポーンが鳴り、ドアを開けると、Aさん、Bさん二人の担当者が立っているではありませんか!
「お待たせしましたが、融資が下りました。」
何と! 私の家に来て、直接良い知らせを伝えに来てくれたのです。感謝! 感謝!です。

さあ、8月4日に引き渡しを受けます。
土地の場所は、西新宿です。
建物は、主に外国人旅行者向けの宿泊所5部屋と自宅です。
これからは実現に向けて、ガンガンと前進あるのみです。

↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード