厳しい更新条件

人気ブログランキングへ

今日、12月27日が契約期限の方から、更新OKのお返事を頂きました。
これで、11月以降に契約期限を迎える方5人連続で、更新していただけることになりました。
すごく嬉しいし、ホッとしました。

でも、「更新していただけますか」とのお知らせをすると、
「いくらかかるんですか?」との質問をされることが、多かったです。
現在、更新料が社会問題となりつつありますので、こちらとしてはビクッとしてしまいます。
「管理費を含まない家賃1カ月分の更新料だけです。」と答えると、ホッとした反応があります。

更新の覚書は、私が作成するのですが、入居者の方が、前所有者である不動産会社と締結した契約書を訂正する形にしています。

そこで、その契約書をよくよく読んでみると、入居者の方に非常に厳しい条件となっていました。
「更新時に、敷金をさらに家賃1カ月分預託する」と言うものです。
ペットを飼われている方は、始めから2カ月分預けているのに、明らかに預けすぎです。

おまけに、「家賃の延納が10日以上延納した場合、即時契約解除、強制退去」ですし、「部屋を5日以上あける場合は通知義務」となっています。
これは無理ですね。

私が作った覚書では、1カ月分の敷金の追加は削除し、契約解除の延納10日を1カ月にし、空室の通知義務5日を15日に変更しました。

さらに、更新のサービスとして、以下を行います。
・「エアコンが建設時の18年前の時は、新品への交換」
・そうでないときは、「電気コンロをIHに交換」「インターホンを録画機能付きカラーテレビドアホンに交換」「室内物干し竿“ホシ姫サマ”の設置」
・それらを希望しない時は、更新料の減額(これは最後まで言いません。)

そう提案すると、「本当にいいんですか!」と恐縮してくれます。
更新OKは、大家にとって何よりの朗報ですし、サービスをすることにより、入居者の方にも喜んでもらえ、WIN+WINならぬ、HAPPY+HAPPYで、良いことだらけですね。

人気ブログランキングへ

↑↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


不動産投資<br /> の収益物件

target="_blank">不動産投資の健美家
 

スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

No title

これはいいですね。
更新してくれる方は喜んでもらえるのが一番ですね。

あかちゃん、コメントありがとうございます

ホシ姫サマは、コンクリの天井にドリルで穴をあけ、取り付けるので、粉じんが出ます。
カラーテレビドアホン、以前あかちゃんから指摘を受けましたが、ブレーカーを落として取り付けます。

更新の時は、入居中の作業になりますが、部屋に入ることで、懇意になり、大家と入居者の方の良い関係が築ける感じです。
プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード