とんでもない修繕個所

人気ブログランキングへ

昨日が契約の最終日で、夜7時にその部屋に伺いました。

その入居者の方とは初めて会いましたが、ナウい若者でした。
まだ部屋の中には荷物が残っていて、その日のうちに運び出せるかわからないとのことで、カギを引き取り、本日朝に明け渡しをすればよいと伝えました。

その時部屋を眺めると、クロスは汚れていません。クリーニングだけで次の入居者の募集ができると思いました。
そして今朝、部屋に入って見ると・・・・・

昨日はいろんな荷物が置かれて、隠れていた床の中央が、ワックスも塗料も落ち、カサカサの状態になっているのです。
とてもこのままでは、入居者募集はできません。

早速、いつものリフォーム屋さんに電話して聞いてみると、
「そこまで行ってしまうと、補修は難しく、上からクッションフロアを貼るのがイイかもしれませんね。」
とのことで、明後日実際見てもらうことになりましたが、値段次第では自分でフロアタイルを貼ることをするかもしれません。

そして、さらに驚くことに・・・・・
窓の木わくが、おふのようにフカフカに腐ってしまっていたのです!

何でこうなったのかは、一瞬にしてわかりました。
昨日夜、部屋の中を見た時、窓が絨毯のような布でふさがれていたのです。おそらくその布を外したことがなかったのでと思われます。
これでは、結露が発生するし、密閉され、蒸れたに違いません。

リフォーム屋さんが言うには
「自分では手に負えず、大工さんに任せるかもしれません。サッシを外す大工事になるのでは」
と、かなり金額がかかりそうです。

普通でない部屋の使われ方をしたので、修理代は入居していた方に請求したいと思いますが、手間と時間がかかりそうなのには、参りました。

人気ブログランキングへ

↑↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。
 




スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード