フリーレント? 話が違うよ!

人気ブログランキングへ

1月15日入居の方の契約書ができたとのことで、今日、仲介業者に行ってきました。

もう何十回も賃貸借契約をしているので、たいして文面も読まずに機械的に、署名、捺印をしてしまいます。
でも、契約期間を見て、“ん!話が違うじゃん”と思いました。

確かに、担当者から、12月中の契約にしたいと言うことは聞いていましたが、入居は1月15日からと聞いていたので、契約期間はてっきり1月15日からと思っていました。
しかし、12月22日からとなっています。(今日よりもさかのぼっているのですから、ヒドイですね。)

「契約は1月15日からでしたよね?」
「いえ、12月からの契約で、了承を頂いたはずです。1月14日まではフリーレントになっています。」
フリーレントなんて、まったく聞いていません。これはおかしいと思いましたが、仲介業者に厳しく問い詰めるのも、今後の入居者獲得のために良くないので、これ以上の質問はしませんでしたが、おかしなことをされた気がしました。

入金明細を見ると、確かに12月22日から1月14日までの家賃が0円のフリーレントと書かれています。
果たして、入居者の方の方にもそう書かれているのでしょうか?
ひょっとしたら、入居者の方は、その期間の家賃も払っているのではないのか・・・・

以前は他の仲介業者で、礼金1カ月のところ、入居者の方は2カ月分を払わされ、その1カ月分はまるまる仲介業者が取っていたことがありました。その際は、契約書に礼金2カ月と書かれ、大家の私にはあからさまにそのからくりがわかりました。

吉祥寺は、仲介業者の競合があまりに多く、売上、利益は厳しいと思われます。
生き残るためには、何でもありと言う感じです。

今回の部屋はデジタルキーで、仲介業者には、
「今まで教えていた暗証番号で入り、その後、入居者の方は自分で番号を変えてください。」
と伝えてあります。
普通のカギの時は、入居直前にカギの交換をして、新しいカギを仲介業者に渡していました。

デジタルキーの時も、入居者が決まった時点で、暗証番号を変え、入居直前に教えるのが、良いと思いました。
今後そうしたいと思います。

人気ブログランキングへ

↑↓ チョットでも参考になったり、面白かったり、暇つぶしになりましたら、クリック願います。


不動産投資<br /> の収益物件

target="_blank">不動産投資の健美家
 

スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

借家人賠償保険

期間がどうなっているか知る必要があると思います。

kamochan、アドバイスありがとうございます

そうですね。何かあった時に保険が重要ですね。

確認しませんでしたが、まず、契約期間通り12/22~だと思います。
プロフィール

ドビー喜多川

Author:ドビー喜多川
吉祥寺に住み、吉祥寺及び中央線沿線を中心に5棟、5区分、合計64戸を私と妻と法人で所有し、すべて自主管理で運営しています。

2001年に区分所有を競売で購入してから大家業を始め、毎年1戸のペースで買い足して7戸にしました。“マンションは管理が命”と、管理組合に首を突っ込み、現在も理事長を1つでしています。
2008年、1棟物の購入を決意し、八王子の物件を取得。
2009年、念願の地元吉祥寺に1棟物をゲット。
2011年、港区の区分を実需として売却、それを頭金に国分寺の1棟物を購入。
2013年、駒沢大学の店舗・事務所・住居の1棟ビルを購入。
2014年、サラリーマンをリタイア。新所沢のアパートを妻が相続。杉並区の区分を売却。
2015年、職業能力開発センターのリフォームの学科を卒業。千葉市に野立ての太陽光発電(49.5kw)を開始。
2016年、入居者のいる12年前に購入した川口の区分を実需向けとして売却

所有資格:宅地建物取引主任者(資格試験合格)、第2種電気工事士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、2級知的財産管理技能士

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード